ウイルス情報局

「Amazon口座が違反していますので、本人認証を」というメールが届いた

先日、Outlookのメールアドレスに以下のような文面のメールが届きました

Amazonを名乗って届いたメール

メール内容

件名:Amazon口座が違反していますので、本人認証をお願いします

Аmazon お客様   〇〇〇〇@outlook.com

Аmazon に登録いただいたお客様に、Аmazon アカウントの情報更新をお届けします。
残念ながら、Аmazon のアカウントを更新できませんでした。
今回は、カードが期限切れになってるか、請求先住所が変更されたなど、さまざまな理由でカードの情報を更新できませんでした。

アカウント情報の一部が誤っている故に、お客様のアカウントを維持するため Аmazon アカウントの 情報を確認する必要があります。下からアカウントをログインし、情報を更新してください。
Аmazon ログイン

なお、24時間以内にご確認がない場合、誠に申し訳ございません、お客様の安全の為、アカウントの利用制限をさせていただきますので、予めご了承ください。

アカウントに登録のEメールアドレスにアクセスできない場合
お問い合わせ: Amazonカスタマーサービス。

お知らせ: パスワードは誰にも教えないでください。 個人情報と関係がなく、推測しにくいパスワードを作成してください。大文字と小文字、数字、および記号を必ず使用してください。 オンラインアカウントごとに、異なるパスワードを使用してください。

どうぞよろしくお願いいたします。 
Аmazon

もちろんこんな内容に見覚えはありません。

そして気になったのが、Amazonと全く関係のない差出人だったことです。

対処方法は?

無視でOK!

これは、なりすましメールです。

この手のメールは多くの報告があり、Amazonも注意喚起のページを作成しています。

Amazonの注意喚起

「カードの有効期限が切れた」、「請求先住所が変更された」、「不審な注文があった」、というメッセージを利用して偽サイトに誘導するEメールがあります。Amazonの注意喚起

フィッシングまたはなりすましメールの種類
https://www.amazon.co.jp/gp/help/customer/display.html?nodeId=G4YFYCCNUSENA23B

カード情報を要求されるのはおかしな話

仮に登録しているカード情報が不正確だとしたら、支払いがうまくゆきません。

ですが、それまでの話。

わざわざメールで報告してくるなんて、ありえないわけです。

不安を煽るような文章でカード情報を盗み取るのが目的ですので、絶対にメールのURLへはアクセスしないようにしましょう。

Amazonへ報告を

時間に余裕のある方は、Amazonへ報告をしてあげましょう。

Amazonではフィッシングやなりすまし行為に対して真剣に取り組んでいます。Amazonからではないと思われるEメールを受信した場合は、stop-spoofing@amazon.com に報告してください

フィッシングまたはなりすましメールを報告する
https://www.amazon.co.jp/gp/help/customer/display.html?nodeId=GRGRY7AQ3LMPXVCV

まとめ

Amazonに限らず、アカウント情報の確認やカード情報の確認メールにはご注意を。

クレジットカード情報を入力してしまったら、すぐにカード会社へ連絡をしましょう。

人気記事

1

Apple Siliconへの各社アプリ対応状況まとめです。2021年6月現在、徐々にネイティブ対応完了のアプリが増えてきました。随時更新です。

2

Apple Watchって何ができるの?初代から5年間使用している私が、Apple Watchの機能と魅力をゆっくり解説してゆきます。

3

自分でWindows7からWindows10にアップグレードする方法を、徹底解説します!
2021年1月現在、今でもMedia Creation Toolを使えばWindows10への無料アップグレードは可能です!

4

長い間パソコンを使っていると発生しがちなWindowsの不具合を解消するための、4つの対処法を解説します。
セーフモード起動やDISM.exe、SFCスキャンを使用してメンテナンスをしてあげましょう。

-ウイルス情報局
-

© 2021 サムライ コンピューター