その他

Amazon Lightsail + WordPress に移行①(WordPress立ち上げまで)

レンタルサーバから、前から興味のあったAmazonLightsailに当サイトを移行してみました。
参考になるサイトを色々みながら作業したのですが、進化の早いAWSではUIが変わっていたりしたので備忘録として作業内容をまとめて残しておきたいと思います。

Amazon Lightsail とは?

低価格の事前設定されたクラウドリソースを使用して、アプリケーションとウェブサイトを数クリックで構築できるサービスです。

Amazon Lightsail とは何ですか?

Amazon Lightsail は仮想プライベートサーバー (VPS) プロバイダーであり、クラウドにアプリケーションを構築およびホストするためのソリューションを必要とするデベロッパー、スモールビジネス、学生、その他のユーザーが AWS の利用を開始するための最も簡単な方法です。Lightsail には、デベロッパーがウェブサイトやウェブアプリケーションをクラウドにデプロイし、管理するのに必要なコンピューティング性能、ストレージ容量、ネットワーキング機能が用意されています。Lightsail には、仮想マシン、コンテナ、データベース、CDN、ロードバランサー、DNS 管理など、プロジェクトを迅速に立ち上げるために必要なすべてのものが、予測可能な低料金で含まれています。

https://aws.amazon.com/jp/lightsail/faq/

メジャーなVPSだと、さくらインターネットやエックスサーバー・GMOなどがよく使われていると思いますが、
本格的なシステムで利用されるメジャークラウドAWSの知識を少しだけでも習得したく惹かれましたw
早速 Amazon Lightsail を使っていく手順を記載していきます。

AWSへログイン(アカウント無い方は登録)、Lightsail+WordPress立ち上げ

アカウント無い場合、下の画像の赤枠内のボタンを押して、アカウント作成からスタート https://aws.amazon.com/jp/free/

Rootユーザでなく、IAMユーザーを作って始めるのが鉄則のようでご注意を! その他もあるので以下URL参考に
AWSベストプラクティス  https://docs.aws.amazon.com/ja_jp/IAM/latest/UserGuide/best-practices.html

アカウントを作成できたら、次は上の画像の緑枠内のボタンを押してAWS マネジメントコンソールに入ります。
左上の検索入力エリアに lightsail と途中まででも入力すると候補のサービスが出てきますので、 lightsail をクリックします。

Lightsailの管理画面が出てきますので、下画像の赤枠通りのcreate Instanceボタンをクリックします(1クリック)

追記)画面キャプチャ全て英語になっています。それは以下画像のところをクリックして選択すると日本語にもなりますので、読み替えてください。位置などは全く同じはずです。

create Instanceボタンをクリック後、以下の画面が出てきます。縦スクロールで色々と選択項目がありますが、WordPressを最小限のコスト(スペック)で、まず立ち上げるだけなら何も入力や変更選択は必要なかったです。
アクセスが多かったりデータ量が多いサイト運営なら、インスタンスプランを$5とか$10を選べばよいのではと思います。
また、lightsailで何個もサイト運営して区別したいとかなければ、インスタンス名も最初から入力されているWordPress-1のままで良いと思います。
最後に一番下の赤枠、create instanceボタンを押して作成開始します。

画面が最初の管理画面にもどり、赤枠の部分のとおりインスタンスの作成が始まります。 薄い灰色な状態が続くので少し待ちます。 

少し待つと下の画像のように色がついて、インスタンスの作成が終わりLinuxサーバとしてもWordPressも出来上がっている状態です。
*注意 但しパソコンと同じで表面上起動していても色々なサービスは並行して順次立ち上がっている状態です。

ここまでで、 Lightsail+WordPress立ち上げ は完了です。ので、次はWordPressの設定、移行に進みます。

固定の静的IP設定(ネットワークの設定)

次に赤枠、インスタンス名をクリックしてインスタンスの詳細画面へ遷移します。

その後、メニューから Networking を選択します。

上の画像、緑枠のとおりパブリックIPが表示されていますが、これは再起動時など動的に変わってしまうIPになっています。そうなると色々と不便なため固定すべく、静的IPを作成する必要があります。
今回は静的IPを作成するため下の画像、赤枠の Create static IP をクリックします。

下の画像のような画面に変わりますが、特に新たな選択や入力不要でそのまま一番下の Create ボタンを押します。
念の為、インスタンス名が先程作成したインスタンスと同じものか、静的IPの名称がそのままでよいか確認してもらえたらより安心です。

下の画面のように表示されれば成功で、静的IPの設定が完了しました。
赤下線のIPアドレスは控えておいてください。後で色々と利用します。

WordPressの動作確認、ログインまで

WordPressが立ち上がっていますが、何をしようにも立ち上がったWordPressへ管理者ログインするための情報がないと何も設定できません。
管理者のパスワードは、立ち上がったLinuxサーバのTerminalに入ってコマンドで確認しないとわかりませんので、以下赤枠のとおり(2パターン、どちらでもOK)操作すると別ウインドウとしてコンソール画面が立ち上がります。

開いたコンソール画面で次のコマンドを入力してパスワードを表示します。

cat bitnami_application_password

下図の赤で塗りつぶした箇所に表示される文字列が、WordPressへの初期ログインパスワードですので、コピペなりして控えてください。(普通にクリックして位置を決めて、右クリック、コピー&ペーストも使えます)
終わったら exit と打ってもいいですし、右上の✕ボタンで閉じて構いません。

先ほど設定した静的IPを使ってブラウザからWordPressの管理者ページ /wp-admin にアクセスします。

ログイン画面が出るので、ユーザ名は「user」パスワードには、控えた初期ログインパスワードを入力します。

ログインが成功し、下図のようなWordPressのダッシュボード(Dashboard)が表示されるはずです。

ちなみに、 /wp-adminをつけずにアクセスすると、以下のページが表示されるはずです。

一旦ここまで、続きは別投稿で

AWS公式サイトでもチュートリアルが公開されているので、そちらもご参考に。

https://lightsail.aws.amazon.com/ls/docs/ja_jp/articles/amazon-lightsail-tutorial-launching-and-configuring-wordpress

googleadsense

人気記事

1

Apple Siliconへの各社アプリ対応状況まとめです。2021年9月現在、徐々にネイティブ対応完了のアプリが増えてきました。随時更新です。

2

Apple Watchって何ができるの?初代から5年間使用している私が、Apple Watchの機能と魅力をゆっくり解説してゆきます。

3

自分でWindows7からWindows10にアップグレードする方法を、徹底解説します!
2021年1月現在、今でもMedia Creation Toolを使えばWindows10への無料アップグレードは可能です!

4

デザインを刷新し多くの新機能が追加されています。10からのアップグレードが可能なのは嬉しいポイント。この記事では、Windows11の新機能と変更点について解説します。

-その他
-, , , ,

© 2022 サムライ コンピューター