レビュー

Google Pixel3のカメラ性能が凄すぎるから見てほしい-Pixel6はコンデジを駆逐しそう

「スマートフォンのカメラは所詮おまけ」という私の固定観念が崩れ去りました。

Google Pixel3の写真

Pixel3を中古で格安購入

某PCショップでGoogle Pixel3 128GBモデルの中古が9,800円で売られていたので即購入しました。

このPixel3、2018年11月の発売開始価格は10万7,000円でしたが、今では2万円代で上等な中古品が買えてしまいます。

購入して、メインカメラ性能に驚愕したので一方的に紹介してゆきます。

Google Pixelの購入を検討している方の参考になれば幸いです。

Pixel3のスペック

Pixel3は2018年11月に発売された、Googleのフラッグシップスマートフォンです。

フラッグシップは「旗艦」という意味で、平たく言えば「一番いい機種」です。

Google Pixel3
日本国内の発売日2018年11月1日
OSAndroid 9 ~12
画面サイズ5.5インチ
画面解像度2,160×1,080ピクセル解像度 有機EL
SoCQualcomm Snapdragon 845
GPUAdreno 630
メモリLPDDR4X 4GB
ストレージ64GB・128GB
メインカメラ12.2メガピクセルのシングルレンズカメラ
F1.8絞り値 / 電子手振れ補正搭載
4K動画撮影対応
夜景モード撮影
ポートレートモード対応
前面カメラ8メガピクセル / F1.8絞り値
認証背面の指紋認証センサー
重量148g
端子USB Type-C
その他機能IP68等級の防水・防塵性能
おサイフケータイ対応
ワイヤレス充電(Qi)対応

ちなみにAppleはこの少し前にiPhone XS・XS Max・XRを発売しており、ポジションとしてはXSの競合機種になります。

今回私が購入した128GBモデルの発売開始価格は、10万7,000円です。

約3年で、中古相場は5分の1になっています。




カメラが素晴らしい

Pixel3のメインカメラは単眼です。

Google Pixel3のメインカメラの写真

2018年当時、ハイエンドスマートフォンは二眼、三眼レンズのものが多かった記憶がありますが、Pixel3はレンズ数はそのままに画質の向上を図っています。

  • 12.2メガピクセルのシングルレンズカメラ
  • F1.8絞り値 / 電子手振れ補正搭載
  • 4K動画撮影対応
  • 夜景モード撮影
  • ポートレートモード対応

Pixel3のメインカメラで撮影した写真はどれも本当に綺麗で、特に夜景モードで撮影した写真は「すごい」の一言です。

なにやらPixel3にはカメラ専用の「Visual Core」というAIチップが搭載されており、これが綺麗な画作りに貢献しているようです。

Pixel3で実際に撮影した写真

「スマートフォンのカメラは所詮おまけ」という私の固定観念が崩れ去った作例です。(特に後半)

これから掲載するPixel3の写真はすべて無編集です。

参考に、同じシングルレンズカメラを搭載したiPhone8の写真も同時掲載してゆきます。

ノーマルモードの写真

Pixel3で静岡駅を撮影してみました。

Pixel3のカメラで撮影した静岡駅の写真
Pixel3で撮影

特にケチをつけるポイントのない、綺麗な写真です。

iPhone8で撮影した写真はこちら。

iPhone8のカメラで撮影した静岡駅の写真
iPhone8で撮影

Pixel3はわずかに寒色系の色表現、iPhone8は暖色系の色表現になっています。

とはいえ標準的なレベルで普通の味付けと言えます。

一部スマートフォンに見られる、目がクラクラするほどの彩度の高い写真ではありません。

次は背の高いビルの撮影です。

逆光しておりカメラにとっては嫌なシチュエーションですが、明部である空と暗部であるビルのガラスどちらもしっかり解像しています。

Pixel3のカメラで撮影した静岡駅のビルの写真
Pixel3で撮影

iPhone8で撮影した写真はこちら。

iPhone8のカメラで撮影した静岡駅のビルの写真
iPhone8で撮影

ビルに少し白が浮いており、Pixel3と比較するとモヤっとした写真になりましたが、十分に綺麗です。

しかし、スマートフォン登場当初、こんなにも綺麗に写真が撮れるようになるとは誰が想像したことでしょうか・・・。

次は喫茶店。アイスコーヒーとショートケーキをノーマルモードで撮影してみました。

Pixel3のカメラで撮影したコーヒーとショートケーキの写真
Pixel3ノーマルモードで撮影

イチゴの粒の部分やコーヒーグラスの中の氷がしっかり描写されており、適度にボケもあり綺麗です。

スマートフォンでこれなら十分でしょう。

ちなみに、iPhone8で撮影した写真はこちら。

iPhone8のカメラで撮影したコーヒーとショートケーキの写真
iPhone8で撮影

どちらも綺麗な写真です。

Pixel3のほうが少しシャープな写真になっています。

ポートレートモードの写真

Pixel3には、被写体を強調して撮影できるポートレートモードという機能があります。

ソフトウェア処理でボケを生み出して、被写体を浮き上がらせたような写真を撮影することが可能です。

このとき作られるボケはあくまでエフェクトなので、撮影後に編集できます。

ポートレートモードで女性の像を撮影してみました。

Pixel3のカメラのポートレートモードで撮影した女性の像の写真

なんかボケ方に違和感が・・・。

普段カメラを使っている人はすぐ感じるでしょう。

Photoshopで被写体を手動選択して、手動で塗り絵をしているかのような加工です。

次は、ポートレートモードでコーヒーを接写してみました。

Pixel3のカメラのポートレートモードで撮影したコーヒーとショートケーキの写真
Pixel3ポートレートモードで撮影

氷の解像感やグラスの水滴の質感がしっかり出ているのは素晴らしいです。

ですが、やはりボケ方が不自然。

普段カメラを触っている人間からすると、ポートレートモードはまだ改善の余地があります。

Google様お得意のソフトウェアアップデートで、これからどんどん改良されてゆくと思います。




夜景モードの写真

次は夜景です。

私がPixel3を使用して一番驚いたのが夜景の撮影性能です。

静岡市清水区由比にある、富士山と駿河湾を一望できるスポット「薩埵峠(さったとうげ)に真夜中に足を運び、Pixel3の夜景モードを試してみました。

Pixel3で撮影した写真がこちら。

Pixel3のカメラの夜景モードで撮影した薩埵峠の写真
Pixel3 夜景モードで撮影

初めてこの写真を見た時、思わず目を疑いました。

手持ちでこれならコンパクトデジタルカメラはおろか、中途半端な一眼レフカメラをも上回る画質です。

現地は真っ暗で、国道沿いに立つ照明灯と走行車のライトを頼りにフォーカスを合わせるしかありません。

しかも三脚は使わず手持ちでの撮影です。

そんな条件にもかかわらず肉眼での見え方に近い再現度で、ノイズは見られません。

iPhone8で撮影した写真はこうなりました。

iPhone8のカメラで撮影した薩埵峠の写真
何がなんだか分からない

ほとんど真っ暗で、とても人に見せられる代物ではありません。

Google Pixelの夜景モードは、スマートフォンの夜景撮影を別次元へ引き上げたと言えるでしょう。

私は「スマートフォンのカメラを夜景撮影に使うことは愚の骨頂」と内心馬鹿にしていたのですが、見事にそれが覆されました。

次のスポットは、もう少し明るい環境です。

静岡駅北にあるビルをPixel3のカメラで夜景モードをオンにして撮影してみました。

Pixel3のカメラの夜景モードで撮影した静岡市のビルの写真
Pixel3夜景モードで撮影

一般的に暗い場所で撮影をすると写真にブレが発生しやすくなりノイズが出るのですが、それがまったくありません。

それどころかビルの壁とガラスの輪郭、そして雲がはっきりと出ていて、手持ちで撮影したとはとても思えない写真です。

iPhone8で撮影するとこうなります。

iPhone8のカメラで撮影した静岡市のビルの写真
iPhone8で撮影

全体的に暗く雲がほとんど写っておらず、ノイズによって解像感が失われてしまっています。

次は静岡駅北の「愛」という題の銅像を、Pixel3のカメラで夜景モードをオンにして撮影してみました。

Pixel3のカメラの夜景モードで撮影した愛の銅像の写真
Pixel3の夜景モードで撮影

明るく綺麗に写っており、ノイズは見られません。

iPhone8で撮影した写真はこちら。

iPhone8のカメラで撮影した愛の銅像の写真
iPhone8で撮影

「愛」の文字と像の輪郭は確認できますが全体的に暗く、色が失われています。

不公平な比較となること承知で、Nikonのフルサイズ一眼レフD810で撮影した写真も。

Nikonのフルサイズ一眼レフカメラD810で撮影した愛の銅像の写真
D810(2014年・3,635万画素)で撮影

レンズは20mm F2.8の広角単焦点。絞り優先オートで撮影し画像はJPG形式無編集です。

こうして3機種で撮影した写真を比較すると、Pixel3がスマートフォンとしてどれだけ高いレベルにあるかが分かると思います。

最新のPixel6はさらに高画質になっていることは間違いないので、楽しみです。




2021年にPixel3を買うのはありか

割り切って使うならありです。

Pixel3は2021年秋にリリースされるAndroid12に正式対応しており、セキュリティサポートがしばらく継続されます。

処理性能は、ゲームメインの使い方でなければ全く不足を感じないレベルです。

なにより、カメラ性能が素晴らしい。

必要最低限の機能と性能は備えており、総合的に見て中古で買うなら狙い目のモデルです。

スマートフォンのカメラ性能を重視する方は、購入検討の価値が十分にあると思います。

Google Pixelを安く買えるサイト

最も安く入手できるのはヤフオクかメルカリですが、現在は両サービスともに原則匿名取引となっており、万が一のときに責任をもって対応してくれる販売者がほとんどいないため おすすめしません。

個人的には、じゃんぱらかイオシスでの通販もしくは店頭購入をおすすめします。

イオシス



イオシスのホームページでPixel3を検索している画面

じゃんぱら

じゃんぱらのトップページ画面

Pixel3をかんたんレビュー

外観とサイズ

Google Pixel3の背面はツートンスタイルで、指紋センサーより上の部分はガラス、それ以下の部分はマットな素材になっています。

GooglenPixel3の背面の写真
分かりにくいですが、ツートンです

マットな部分は使用していくうちに汚れが目立ち始めます。

全部ガラスにしてほしかった。

ディスプレイサイズは5.5インチで、スマートフォンの中では標準的な部類に入ります。

Yahoo Japanのトップページ表示を4.7インチのiPhone8と比較するとこのような感じになりました。

Google Pixel3とiPhone8を並べて比較している写真

やはり5.5インチともなると、色々な場面で表示領域の余裕を感じます。

見やすいサイズですが、操作性についてはというと、女性が片手で操作するのは難しいです。

私の手は平均よりやや小さめですが、Pixel3を片手で操作するのは無理でした。

本体を落としそうになってヒヤヒヤします。

指紋認証は良好

iPhoneとは違って、指紋センサーが背面にあります。

テーブルに置いた状態で使いたくなったとき、センサーが背面にあるせいでその都度持ち上げなければいけないので面倒です。

※逆に背面にあるおかげで楽な場面もあるので、一長一短だと思います

認証は精度、速度ともに良好でストレスは感じません。

実際に指紋認証でロック解除をしている様子を撮影してみました。

動きはサクサク

定番のクロスプラットフォームCPUベンチマークGeekbench (Ver5.4.1)でスコアを測定してみました。

結果はシングルコアが498・マルチコアが1602でした。

Pixel3のGeekBench5スコア画面

ちなみに、競合機種にあたるiPhone XSのシングルコアスコアは約1,100、マルチコアスコアは約2,400なので、大きく引き離されてしまっています。

https://browser.geekbench.com/ios-benchmarks

2021年9月現在ではミドルレンジ(中級)スマートフォン向けSoCであるSnapdragon 765Gにすら劣りますが、ゲームや動画編集をメインに使わなければ十分な性能です。

ネットやYouTube、メール、LINE、Twitter程度なら何の不足も感じずサクサク動きます。




Pixel3の実際の動作映像

実際の動作を録画してみました。

ライトな使い方であればサクサク動くことが、映像からもお分かりいただけるかと思います。

人気記事

1

Apple Siliconへの各社アプリ対応状況まとめです。2021年9月現在、徐々にネイティブ対応完了のアプリが増えてきました。随時更新です。

2

Apple Watchって何ができるの?初代から5年間使用している私が、Apple Watchの機能と魅力をゆっくり解説してゆきます。

3

自分でWindows7からWindows10にアップグレードする方法を、徹底解説します!
2021年1月現在、今でもMedia Creation Toolを使えばWindows10への無料アップグレードは可能です!

4

デザインを刷新し多くの新機能が追加されています。10からのアップグレードが可能なのは嬉しいポイント。この記事では、Windows11の新機能と変更点について解説します。

-レビュー
-, ,

© 2021 サムライ コンピューター