コラム

Windows10でデフォルトのPDFアプリをEdgeからAdobe Readerに変更する方法

Windows10でデフォルトののPDFアプリをAdobe Readerに変更している画面
簡単にできます

初期設定ではMicrosoft EdgeでPDFが読み込まれる

Windows10の初期設定(デフォルト)では、Microsoft EdgeでPDFが読み込まれるようになっています。

Microsoft EdgeでPDFを開いている画面
表示しているのはLINE株式会社の決算資料PDFです

たまにPDFを閲覧する程度であればEdgeでいいですが、ビジネスではPDFは頻繁に扱うファイルです。

PDF規格を作ったのはAdobeなので、PDFについてはAdobeが最も知り尽くしています。本家ですから。

Adobeが作っているPDFソフトは

  • Adobe Acrobat Reader(無料)
  • Adobe Standard DC(有料)
  • Adobe Acrobat Pro(有料)

の3種類があります。

本記事では、Windows10でPDFを読み込むときのデフォルトアプリをEdgeからAdobeのアプリに変更する手順を解説します。

デフォルトのPDFアプリをEdgeからAdobeに変更する手順

Windows10の設定アプリを起動し、「アプリ」をクリックします。

Windows10の設定アプリの画面

左のメニューの「既定のアプリ」をクリックし、下へスクロールします。

Windows10の既定のアプリの設定画面

「ファイルの種類ごとに既定のアプリを選ぶ」をクリックします。

Windows10の既定のアプリ変更画面

余談ですが、ファイルの種類のことを専門用語では「拡張子」と呼びます。

  • JPG
  • MP3
  • PDF
  • DOCX
  • XLSX

これらは全て拡張子です。

この画面では、全てのファイルの種類(拡張子)がアルファベット順で表示されます。数が非常に多いので、読み込みに少し時間がかかります。

.pdfまで移動すると、Microsoft Edgeになっていることが確認できます。

Edgeをクリックすると表示される「アプリを開く」の画面でAdobeのアプリを選択してクリックしましょう。

Adobeのアプリ(今回はAdobe Acrobat Reader DC)に変更されればOKです。

Windows10でPDFを起動するアプリをAdobe Acrobat Readerに変更した画面
Adobe Acrobat ReaderでPDFを起動している画面

変更後は、Adobe ReaderでPDFを読み込むようになりました。

これで、PDFを読み込むアプリの変更は完了です。

まとめ

MicrosoftはEdgeをガンガン推進しているので、このように設定を容易に変更されないよう分かりづらくしています。

私はAdobe Acrobat Proを使用していますが、Edgeとは機能に天と地の差があります。

そんなにEdgeを推進したいなら、もっと高機能にしてほしい。

人気記事

1

Apple Siliconへの各社アプリ対応状況まとめです。2021年9月現在、徐々にネイティブ対応完了のアプリが増えてきました。随時更新です。

2

Apple Watchって何ができるの?初代から5年間使用している私が、Apple Watchの機能と魅力をゆっくり解説してゆきます。

3

自分でWindows7からWindows10にアップグレードする方法を、徹底解説します!
2021年1月現在、今でもMedia Creation Toolを使えばWindows10への無料アップグレードは可能です!

4

デザインを刷新し多くの新機能が追加されています。10からのアップグレードが可能なのは嬉しいポイント。この記事では、Windows11の新機能と変更点について解説します。

-コラム
-

© 2021 サムライ コンピューター