コラム

Microsoft Edgeの検索エンジンをBingからGoogle・Yahooに変更する

Microsoft Edgeのデフォルト検索エンジンはBing

Windows10に初期インストールされているブラウザMicrosoft Edgeでは、検索エンジンがMicrosoftのBingに設定されています。

Bingも優秀な検索エンジンですが、使い慣れているGoogleやYahooにしたいという方も多いはず。

本記事では、Microsoft Edgeの検索エンジンを変更する手順をゆっくり解説します。

Microsoft Edgeの検索エンジンを変更する手順

Microsoft Edgeを起動し、右上の「...」メニューから設定を開きます。

Microsoft Edgeの設定を開いている画面
Microsoft Edgeの設定を開いている画面

設定画面で左のメニューから「プライバシー、検索、サービス」を選択し、スクロールして下部に移動します。

Microsoft Edgeのプライバシー設定画面

設定項目「アドレスバーと検索」をクリックします。

Microsoft Edgeのプライバシー設定のアドレスバーと検索項目を開いている画面

「アドレスバーで使用する検索エンジン」のプルダウンメニューから使いたい検索エンジンを選択しましょう。

Microsoft Edgeの検索エンジンを変更している画面

今回は、Googleに変更をしました。

Microsoft Edgeの検索エンジンを変更している画面

変更後は、アドレスバーで検索をするとGoogleの検索結果が表示されるようになりました。

Microsoft Edgeの検索エンジンをBingからGoogleに変更した画面

これで、Microsoft Edgeの検索エンジン変更は完了です。

人気記事

1

Apple Siliconへの各社アプリ対応状況まとめです。2021年9月現在、徐々にネイティブ対応完了のアプリが増えてきました。随時更新です。

2

Apple Watchって何ができるの?初代から5年間使用している私が、Apple Watchの機能と魅力をゆっくり解説してゆきます。

3

自分でWindows7からWindows10にアップグレードする方法を、徹底解説します!
2021年1月現在、今でもMedia Creation Toolを使えばWindows10への無料アップグレードは可能です!

4

デザインを刷新し多くの新機能が追加されています。10からのアップグレードが可能なのは嬉しいポイント。この記事では、Windows11の新機能と変更点について解説します。

-コラム
-,

© 2021 サムライ コンピューター