コラム パソコントラブル

【完全解説】Microsoft 365を契約してOffice 2019をインストールする方法

Office 2010がサポート終了

Office 2010が2020年10月にサポート終了しました。

Office2010のロゴ

サポート終了したOfficeを使い続けるのはセキュリティリスクがあるため、最新版への移行が必要です。

ただ、現在のOfficeはMicrosoftアカウント作成が必須で、プロダクトキーとパッケージさえあればすぐにインストールできた昔のOfficeと比較するとやや手間がかかります。

この記事では、Microsoft 365(旧称Office 365 Solo)を契約し、最新版のOffice 2019をインストールする手順を徹底的に解説します。

目次

  • まず条件を満たしているか確認
  • Microsoft365 Personalの料金
  • Microsoftアカウントの作成
  • Microsoft 365の契約
  • Officeをパソコンにインストールする
  • Officeのライセンス認証をする
  • Officeを手動で更新する方法
  • Office2019アップグレードサービス実施中

まず条件を満たしているか確認

パソコンのイラスト

要件

メモリ:4 GB RAM、2 GB RAM (32 ビット)

オペレーティングシステム: Windows 10、Windows 8.1

https://www.microsoft.com/ja-jp/microsoft-365/p/microsoft-365-personal/cfq7ttc0k5bc?activetab=pivot:requirementstab
Microsoft 365 Personal 要件より

Windows7のパソコンにはインストールできないのでご注意ください。

Windows7のロゴ

Windows10へアップグレードするか、買い替えをしましょう。

Windows7から10へアップグレードする手順は、こちらの記事をご参照ください。

Microsoft365 Personalの料金

  • 年払い:12,984円/年
  • 月払い:1,284円

年払の方が2ヶ月分お得です。

※2021年4月25日現在




Microsoftアカウントを作成する

Office 365 ログイン | Microsoft Office

無料のオンライン版の Microsoft Word、PowerPoint、Excel、OneNote で共同作業します。ドキュメント、ワークシート、プレゼンテーションをオンラインの OneDrive に保存します。それらを他のユーザーと共有して、同時に作業します。

Office 365 ログイン | Microsoft Office

Office365のログインページにアクセスし、「サインイン」をクリックします。

Office365のトップページ

サインインの画面で、矢印部分「アカウントをお持ちでない場合、作成できます」をクリックします。

Office365サインイン画面

お持ちのメールアドレスを入力し、「次へ」をクリックします。

Office365のアカウント作成画面

Microsoftアカウントで使用するパスワードを作成し、「次へ」をクリックします。

Office365サインイン画面

先ほど入力したメールアドレスへ、Microsoftからメールが送信されているので確認をします。

今回は4から始める4ケタのセキュリティコードが届きました。

セキュリティコード通知メールの画面




届いたメールに記載されていたセキュリティコードを入力し、「次へ」をクリックします。

セキュリティコードを入力する画面

文字認証が表示されるので、慎重に入力して「次へ」をクリックします。

Microsoftアカウント作成時の文字認証画面

これでMicrosoftアカウントの作成は完了です。

Microsoft365を契約する

もし以下のようなMicrosoft365の勧誘が表示されたら、☓を押して閉じましょう。

矢印部分の×をクリックして一度閉じます。

Microsoft365の勧誘画面

Microsoft Officeの管理画面が表示されます。

矢印部分「Officeの購入」をクリックします。

Officeの購入画面

Microsoft365 Personal 矢印部分「プレミアムに移行」をクリックします。

Microsoft365のプレミアムに移行する画面

購入の確認が表示されます。「次へ」をクリックします。

Microsoft365の購入確認画面

支払方法の確認画面が表示されます。

※今回はクレジットカードで進めていきます。




Microsoft365の支払い方法選択画面

契約者の姓と名、メールアドレスの入力が求められます。

Microsoft365契約時の姓と名入力画面

入力を進めてゆき、下にある「次へ」をクリックします。

Microsoft365の契約画面
  • クレジットカード番号
  • 名義人
  • 有効期限
  • セキュリティコード(CVV)
  • 都道府県
  • 住所

を入力し、「次へ」をクリックします。

Microsoft365の契約時のクレジットカード入力画面
Microsoft365の契約時の住所入力画面
Microsoft365の住所入力画面

購入の最終確認画面が表示されます。

問題がなければ「申し込む」をクリックします。

Microsoft365の契約時の最終確認画面

以上で、Microsoft365の契約は完了です。




パソコンへOfficeをインストールする

Office管理画面矢印部分「Officeのインストール」をクリックします。

Officeのダウンロード画面

「Office365アプリ」をクリックします。

Officeのダウンロード画面

Officeのインストーラーのダウンロードが開始されます。

小さなファイルなので比較的短時間で完了します。

Office365のダウンロード画面

ダウンロードしたインストーラーは以下のようなファイルです。

ダブルクリックして実行をします。

Officeのインストーラーの画像

インストールが開始されると、以下画像のような画面が表示されます。

Officeのインストーラーが起動している画面

インストールにかかる時間はパソコンの性能に依存します。

高性能なパソコンでは10分ほど、遅いパソコンだと20分以上かかる場合もありますので気長に待ちましょう。




Officeのインストール進行中画面

インストールが完全に完了すると、「すべて完了です。Officeはインストールされました」と表示されます。

Officeのインストール完了画面

スタートメニューを起動すると、WordやPowerPoint、Outlookが追加されていることが確認できます。

スタートメニューの画面

以上でMicrosoft Officeのインストールは完了です。

Officeのライセンス認証をする

インストールされたOfficeアプリを起動すると、ライセンス認証を求める画面が表示されます。

「〇〇さん、こんにちは。Officeへようこそ。」

「続行」をクリックします。

Officeのライセンス認証画面

ライセンス認証のため、Microsoftアカウントでのサインインが求められます。

Microsoftアカウントのメールアドレスを入力し、「次へ」をクリックします。

Officeのライセンス認証画面

Microsoftアカウントのパスワードを入力し、「サインイン」を入力します。

Microsoftアカウントのパスワード入力画面

ライセンス契約同意の画面が表示されます。

※筆者はOffice365 Apps for Enterpriseを契約しているため、表示がやや異なります。

Officeのライセンス規約同意画面

Officeアプリ「アカウント」画面から、Microsoftアカウントが表示されていればライセンス認証完了です。

Officeのライセンス認証確認画面

以上で、Officeのライセンス認証は完了です。

以上、Microsoft365を契約してOffice 2019をインストールする方法の解説でした。




Officeを手動で更新する方法

以下の記事で、Officeを手動更新する方法を紹介しています。

重大な脆弱性発覚時などには、手動でなるべく早くアップデートを適用しましょう。

人気記事

1

Apple Siliconへの各社アプリ対応状況まとめです。2021年9月現在、徐々にネイティブ対応完了のアプリが増えてきました。随時更新です。

2

Apple Watchって何ができるの?初代から5年間使用している私が、Apple Watchの機能と魅力をゆっくり解説してゆきます。

3

自分でWindows7からWindows10にアップグレードする方法を、徹底解説します!
2021年1月現在、今でもMedia Creation Toolを使えばWindows10への無料アップグレードは可能です!

4

デザインを刷新し多くの新機能が追加されています。10からのアップグレードが可能なのは嬉しいポイント。この記事では、Windows11の新機能と変更点について解説します。

-コラム, パソコントラブル
-, ,

© 2021 サムライ コンピューター