WordPress インターネット ホームページ

【完全解説】お名前.comのレンタルサーバーにSSL証明書を導入する手順

安全な鍵のアイコン

ホームページのSSL化は必須作業

「http」から始まるサイトを「https」にすることをSSL化と呼びます。

SSL化は必須の作業ですので、早い段階で必ず行いましょう。

HTTPSとは?

HTTPSは(Hypertext Transfer Protocol Secure)の略で、HTTPによる通信をより安全に(セキュアに)行うためのプロトコルです。

HTTPSにするメリット

  • 通信が暗号化されるため、改竄、盗聴などの攻撃を防ぐことができる
  • HTTP/2対応でブラウザ表示が高速化される
  • SEOに有利になる

httpsでは閲覧者とサーバーの通信が暗号化されるため情報を外部から読み取られるリスクが減り、セキュリティが向上します。

https未対応のサイトは、Google Chromeでは「保護されていない通信」という警告が表示されてしまいます。

https非対応によるChromeの警告メッセージ

iPad・iPhoneでは、「安全ではありません」という表示が出てしまいます。

https非対応によるiPadOSの警告メッセージ

これでは、訪問者からのイメージもよくありません。

お名前.comのレンタルサーバーでは、HTTPS化に必要となるSSL証明書を無料で発行できます。

無料なので、ぜひ活用しましょう。

SSL証明書を導入する手順

SSL証明書を発行する

お名前.comのレンタルサーバーのコントロールパネルに入り、「セキュリティ」に移動します。

お名前.com コントロールパネル画面

「SSL証明書」をクリックします。

お名前.com セキュリティ設定画面

SSL証明書の申し込み画面が表示されます。

「申し込む」をクリックします。

お名前.com SSL証明書申し込み画面

SSL証明書の種類を選択する画面が表示されます。

一番左の「無料SSL」を選択し、「確認する」をクリックします。

お名前.com SSL証明書種類選択画面

申し込み内容確認の画面が表示されます。

問題なければ、「完了する」をクリックします。

お名前.com SSL証明書 申し込み確認画面

これでSSL証明書の発行申し込みは完了です!

「一覧に戻る」をクリックします。

お名前.com SSL証明書申し込み完了画面

レンタルサーバーコントロールパネルからSSL証明書のステータスをみると、「設定中」になっていることが確認できます。

お名前.com SSL契約ステータス画面

証明書発行には少し時間がかかります。

私の場合は30分ほどでした。

発行完了すると「無料SSL設定完了」が含まれた件名のメールが届きます。

お名前.com 無料SSL設定完了のメール画面

SSLを有効にする

お名前.comのレンタルサーバーコントロールパネルにログインし、WordPress一覧から対象ドメインのSSLを「有効にする」をクリックします。

お名前.com WordPressコントロール画面

SSL有効化の確認画面が出てきます。

注意事項に同意し、「有効にする」をクリックします。

お名前.com SSL有効化確認画面
お名前.com SSL有効化完了画面

有効化が完了したら、管理画面にログインしてみましょう。

WordPressログイン画面

ChromeでURLの鍵のマークをみると、「この接続は保護されています」という表示に変化したことがわかります。

Google Chromeの接続は保護されていますの表示

以上で、SSL証明書の導入は完了です。

人気記事

1

Apple Siliconへの各社アプリ対応状況まとめです。2021年9月現在、徐々にネイティブ対応完了のアプリが増えてきました。随時更新です。

2

Apple Watchって何ができるの?初代から5年間使用している私が、Apple Watchの機能と魅力をゆっくり解説してゆきます。

3

自分でWindows7からWindows10にアップグレードする方法を、徹底解説します!
2021年1月現在、今でもMedia Creation Toolを使えばWindows10への無料アップグレードは可能です!

4

デザインを刷新し多くの新機能が追加されています。10からのアップグレードが可能なのは嬉しいポイント。この記事では、Windows11の新機能と変更点について解説します。

-WordPress, インターネット, ホームページ
-, ,

© 2021 サムライ コンピューター