コラム パソコントラブル

謎の添付ファイル「Winmail.dat」を開く方法

メールで添付ファイルが見当たらない

メールを確認したら、添付ファイルが「Winmail.dat」という開けない謎のものになっていた!

これは「送信者がリッチテキスト形式でメールを送信し、受信者がOutlook以外のソフト」というシチュエーションで発生する現象です。

ThunderbirdやGmailなどがこれに該当します。

添付ファイルは壊れているわけではありません。

形式が違うため正常に表示できていないというだけです。

怪しいファイル名ですがウイルスでもありませんので、ご安心を。

今回は、このWinmail.datを元の形式に変換する方法を解説します。

方法はいくつかありますが、本記事では「Winmail Opener」という無料ソフトを使った方法の解説です。

Winmail Openerをダウンロードする

https://www.eolsoft.com/download/(新規タブで開きます)にアクセスし、Winmail Openerをダウンロードします。

Winmail Openerのダウンロード画面

ダウンロードが完了したら、右クリックして「管理者として実行」をします。

Winmail Openerを右クリックした画面

ユーザーアカウント制御画面で「はい」をクリックします。

Winmail Openerのセットアップが始まります。

「次へ」をクリックします。

Winmail Openerのセットアップ画面

ライセンス契約書が表示されます。

内容を読んで、同意できたら「同意する」をクリックします。

Winmail Openerのライセンス契約同意画面

Winmail Opener のインストール先を選択します。

そのまま「インストール」をクリックして進みましょう。

Winmail Openerのインストール先選択画面

Winmail Opener のインストールが完了しました。

Winmail Openerセットアップ完了の画面

winmail.datをこれから開くので、一度メールソフトからどこかに保存しておきましょう。

Winmail Openerの起動画面は、このような感じです。

Winmail Openerの起動画面

「ファイルを開く」をクリックして、保存したWinmail.datファイルを選択し、「開く」をクリックします。

Winmail OpenerでWinmail.datファイルを開く画面

中のファイルを開くことができました!

Winmail OpenerでWinmail.datファイルを開いた画面

Wordファイルが、Winmail.datに変換されてしまっていたというわけです。

左上のメニューから「ファイル」を選択し、保存しましょう。

Winmail OpenerのWinmail.datファイルを保存画面

以上で、Winmail.datファイルの変換は完了です。

まとめ

このWinmail.dat、Windows標準機能では対処できないのでなかなか厄介です。

送信者がリッチテキスト形式を避けて配信してくれれば受信者が困ることはないのですが、「リッチテキスト形式やめてくれ」というのも無理な話。

今回紹介した Winmail Openerを積極的に使えば簡単に元の形式に変換できるので、活用していきましょう。

人気記事

1

Apple Siliconへの各社アプリ対応状況まとめです。2021年9月現在、徐々にネイティブ対応完了のアプリが増えてきました。随時更新です。

2

Apple Watchって何ができるの?初代から5年間使用している私が、Apple Watchの機能と魅力をゆっくり解説してゆきます。

3

自分でWindows7からWindows10にアップグレードする方法を、徹底解説します!
2021年1月現在、今でもMedia Creation Toolを使えばWindows10への無料アップグレードは可能です!

4

デザインを刷新し多くの新機能が追加されています。10からのアップグレードが可能なのは嬉しいポイント。この記事では、Windows11の新機能と変更点について解説します。

-コラム, パソコントラブル
-

© 2021 サムライ コンピューター