Apple コラム

M1 MacにARM版Windows10をインストールする方法【Parallels】

M1 MacでParallelsを使ってWindows10を実行している画像

M1チップ(Apple Silicon)でWindowsを使うことは可能です。

Apple M1では従来のWindowsが動作しない

Appleが開発したM1チップは最新の5nmプロセスを採用し、その驚異的な性能と省電力性に半導体業界には衝撃が走りました。

M1は手放しで称賛できる素晴らしいチップですが、一部のMacユーザーに購入を躊躇させる弱点が1つ存在します。

ARMアーキテクチャのため、従来のWindowsとアプリケーションが動作しないのです。

M1登場以前のAppleは永らくIntel CPUを採用しており、ParallelsやVMware、Virtual Boxといった仮想化ソフトや、BootCampというAppleが提供しているmacOSとWindowsをデュアルブートできる機能を使ってWindowsを動作させることが可能でしたが、それができなくなってしまいました。

M1が登場してからそろそろ1年が経過しますが、AppleはM1のWindowsサポートについて特に言及しておらず、やる気が見られません。

ですが、Windows Insiderという開発者向けのプログラムに登録していればARM版Windowsを入手でき、それを使ってParallelsやVMWareなどの仮想化ソフトでWindowsを実行することが可能になります。

本記事では、Windows Insider経由でARM版Windowsをダウンロードし、ParallelsにインストールしてM1 MacでWindowsを動作させる手順を解説してゆきます。

解説環境は、MacBook Air 2020 M1です。

MacBook Air 2020 M1の画像
記事制作のため借用

ARM版Windows10をダウンロードする手順

冒頭に記した通り、ARM版WindowsをダウンロードするにはWindows Insiderプログラムへの登録が必要です。

Windows Insiderというのは、Microsoftのソフトウェアのベータビルドを先行して使うために、自分が実験台になるプログラムです。

主に開発者向けに提供されています。

プログラムに参加するにはMicrosoftアカウントを作成し、Insider登録をする必要がありますが手続きはとても簡単で、料金はかかりません。

サクッと終わります。

①Microsoftアカウントを作成する

※Microsoftアカウントをすでに所有している方は飛ばしてください

https://account.microsoft.com/account/Account (新規タブで開きます)にアクセスし、「Microsoftアカウントを作成」をクリックします。

Microsoftアカウント作成ページ

Microsoftアカウントの作成画面が表示されます。ここから進めてゆきます。

指示通りに進めればOKなので、細かい説明は割愛します。

Microsoftアカウント作成画面

②Windows Insiderに登録する

Microsoftアカウントにサインインした状態で、https://insider.windows.com/ja-jp/register (新規タブで開きます)にアクセスします。

Windows Insiderの登録画面が表示されます。

Windows Insider登録画面

規約条項に同意ができたら、チェックを入れて「今すぐ登録」をクリックします。

「Windows Insider Programへようこそ」という画面が表示されたら、登録は完了です。

Windows Insider Programへようこその画面
「今すぐフライトする」はクリックしなくてもOKです




③ARM版Windows10をダウンロードする

Microsoftアカウントにサインインした状態で、以下URLにアクセスします。

https://www.microsoft.com/en-us/software-download/windowsinsiderpreviewARM64 (Windows 11 on ARM Insider Preview)

「Windows10 Client ARM64 Insider Preview」の青いボタンをクリックするとダウンロードが始まります。

Windows10 ARM版のダウンロード画面

私がダウンロードしたBuild 21354は9.74GBもありました。

ダウンロードされるのはISOイメージファイルではなく、VHDXファイル(バーチャルハードドライブイメージ)です。

ダウンロードしたARM版Windows10の画面

これをParallelsで実行することになります。

ParallelsでWindows10をセットアップする

Parallelsには14日間の無償トライアル版があるので、まずはそこから始めるのがおすすめです。



Parallelsを起動すると、以下のような画面が表示されます。「続行」をクリックします。

ParallelsのM1チップ用セットアップ画面

インストールイメージに、先ほどダウンロードしたWindows10のVHDXファイルを指定して「続行」をクリックします。

ParallelsでWindows10のVHDXファイルを選択している画面

Windowsの用途を聞かれます。Officeやメールなどの軽作業であれば「業務用ツール」でOKです。

ParallelsのWindows使用用途選択画面

Windows10のインストール場所と名前を設定できます。

ここはお好みで。特にこだわりがなければ、そのままの状態で「作成」をクリックしましょう。

ParallelsのWindows10インストール場所選択画面

Windows10のインストールが始まります。数分で終わりました。M1はすごいね・・・。

ParallelsでWindows10をインストールしている画面

Windows10のインストールが完了しました!

ParallelsでWindows10を実行している画面

システム情報を見てみると、プロセッサがApple Silicon、システムタイプがARMであることが確認できます。

Parallelsで実行しているWindows10のシステム情報画面

システム言語が英語になっているので、日本語に変更しましょう。

Windowsの言語を英語から日本語に変更する

システム言語が英語になっているので、日本語に変更します。

設定アプリを開いて「Time & Language」をクリックします。

Windows10の設定画面

メニューにある「Language」をクリックします。

Windows10のタイムゾーン設定画面

「Preferred languages」の「Add a language」をクリックして

Windows10のシステム言語変更画面

「Choose a language to install」の画面で日本語を選択し、「Next」をクリックします。

Windows10のシステム言語を日本語に変更している画面

「Install language features」の画面が表示され、ここでインストールする日本語の機能を選択できます。

基本的には、そのままの状態で「Install」をクリックすればOKです。

Windows10で日本語をインストールしている画面

日本語のインストールが完了すると、適用するためにサインアウトするかどうか聞かれます。

私はサインアウト(Yes, sign out now)して、念のため再起動も行いました。

Windows10で日本語のインストールが完了しサインアウトするか選択する画面

これで、Apple Silicon搭載MacへのWindows10インストールは完了です。

Word,Excelのインストールも問題なしです。

Windows10にMicrosoft Officeをインストールしている画面

M1はすごい

めでたくParallelsでWindows10を動作させることができるようになりました。

動きは快適そのもので、軽作業であればストレス皆無です。

M1チップのパワーを存分に発揮しており、改めてM1はすごいなあと感じました。

人気記事

1

Apple Siliconへの各社アプリ対応状況まとめです。2021年9月現在、徐々にネイティブ対応完了のアプリが増えてきました。随時更新です。

2

Apple Watchって何ができるの?初代から5年間使用している私が、Apple Watchの機能と魅力をゆっくり解説してゆきます。

3

自分でWindows7からWindows10にアップグレードする方法を、徹底解説します!
2021年1月現在、今でもMedia Creation Toolを使えばWindows10への無料アップグレードは可能です!

4

デザインを刷新し多くの新機能が追加されています。10からのアップグレードが可能なのは嬉しいポイント。この記事では、Windows11の新機能と変更点について解説します。

-Apple, コラム
-, , , , , , ,

© 2021 サムライ コンピューター