コラム

Outlookでメールを指定時刻に送信予約する

Outlookでメールの送信時刻を予約している画面

社畜、フリーランスあるあるの真夜中のメール送信

「忙しさのあまり返信の作成が深夜1時になってしまった。

 しかしこんな時刻に送っては非常識と思われてしまう・・・。早起きして朝に送ろう・・・。」

真夜中でも気にせず送信する方もいますが、私は気にする派です。

メール程度で起こしてしまうことはないと分かっていても、やはり憚られます。

でもご安心を。Outlookにはメールの送信予約機能があるので、真夜中のメール送信は回避できます。

送信時刻にパソコンを起動させる必要はありません。シャットダウンしてもOKです。

本記事では、Outlook 2019 (365)でこの機能を使用する方法を解説します。

解説環境:Windows10 21H1, Outlook Ver2108 (Build 14326.20238)

Outlookでメールを指定時刻に送信予約する手順

ご注意:この機能を使うには、メールサーバー側の対応が必要です。

Gmailは対応しているので、Outlookに設定したGmmailアカウントで解説してゆきます。

Outlookメール作成画面で「オプション」タブをクリックします。

Outlookのメール作成画面

オプション項目「配信タイミング」をクリックします。

Outlookのオプションタブの画面

配信オプションの「指定日時以降に配信」にチェックをいれ、日時を設定します。

Outlookの配信タイミング設定画面

今回は試しに2021年9月8日22時20分に設定してみました。

設定が完了したら「閉じる」をクリックしましょう。

これで送信予約は完了です。Outlookのフォルダを見ると、送信トレイに1件メールがあることが分かります。

Outlookの送信トレイの画面

予約した時刻になると、このメールが自動で送信されるというわけです。

先ほど送信予約したメールは、22時21分に届きました。

Windows10で指定時刻送信したメールを受信している画面

1分のラグが発生していますが、これくらいなら許容できます。

以上、Outlookでメールを指定時刻に送信予約する手順の解説でした。

まとめ

この機能、一部社畜リーマンやフリーランスの方にとっては本当に有能な機能です。

便利な機能なので、ぜひご活用ください。

メールサーバー側の対応が必要なので、もし対応していなかった場合はメールをMicrosoft ExchangeやGoogle Workspaceに移行しましょう。

人気記事

1

Apple Siliconへの各社アプリ対応状況まとめです。2021年9月現在、徐々にネイティブ対応完了のアプリが増えてきました。随時更新です。

2

Apple Watchって何ができるの?初代から5年間使用している私が、Apple Watchの機能と魅力をゆっくり解説してゆきます。

3

自分でWindows7からWindows10にアップグレードする方法を、徹底解説します!
2021年1月現在、今でもMedia Creation Toolを使えばWindows10への無料アップグレードは可能です!

4

デザインを刷新し多くの新機能が追加されています。10からのアップグレードが可能なのは嬉しいポイント。この記事では、Windows11の新機能と変更点について解説します。

-コラム
-,

© 2021 サムライ コンピューター