WordPress インターネット ホームページ

WordPress SEO入門 月間10万PVを達成した私が、アクセス数アップの方法を解説【超初心者向け】

wordpressロゴ

ホームページへのアクセスがない!

avatar
この記事は、WordPressを使ったホームページを運営されていて、以下のようなお悩みを持った方向けです。

ホームページ運営でよくある悩み

  • ホームページを作ったけど、全く見られない
  • 頑張って記事を書いたのに、アクセス数が少ない

せっかくホームページを立ち上げて、記事も頑張って書いたのにアクセスされないと辛いですよね。

ホームページのアクセス数が伸びないのは、様々な理由があります。

この記事では、ホームページアクセスを増やすために必要なテクニックをとにかく丁寧に解説してゆきます。

ちなみに、この記事で解説されている内容はいわゆる「SEO」です。
日本語だと、検索エンジン最適化と呼びます。

ホームページについて調べていると、よく出てくる単語ですね。

この記事で紹介する内容を実践すれば、確実に効果があります。

筆者の実績

ホームページアクセス数推移は、こちらの画像のとおり。

検索数実績の画像

超順調とまではいきませんが、更新頻度が低い割にはじわじわアクセスが増えました。

ちなみに、大きく伸びたのはこちらの記事です。

「Windows7 10アップグレード」と検索すると1ページ目に表示されます。

毎日、安定したアクセスがあります。

知っておくべきこと

Googleが掲げている使命を知る

突然ですが、Googleが掲げている使命をご存知ですか?

Google の使命は、世界中の情報を整理し、世界中の人がアクセスできて使えるようにすることです。

https://about.google/intl/ALL_jp/ より

Gooeleは、情報の整理を最重要としています。

検索で上位表示されるにはGoogleが紹介したくなるような記事、つまり質の高い記事を作ればよいわけです。

検索エンジン反映には時間がかかる

時計の画像

記事を公開・更新して検索結果に反映されるまでは、時間がかかります。

これは万人共通です。

どんなにSEO対策した記事を公開しても、その日に検索上位に掲載されることは99%ありません。

トピックにもよりますが、早くても1ヶ月はかかると思ったほうが良いです。

キーワードによっては、半年から1年かかることも珍しくありません。

競合が多い内容の記事ほど、検索結果の反映に時間がかかります。

そして、記事の質が求められます。

ホームページデザインは最重要ではない

せっかくの自分のホームページは、オシャレにしたいですよね、

ですが、実際はデザインはそこまで重要ではないです。

それよりも、記事の質のほうが圧倒的に重要。

超オシャレなレストランでも、料理がまずいとお客さんはすぐに帰ってしまいます。

リピーターにはなってくれません。

料理が超美味しいレストランはお客さんが長く楽しんでくれます。

リピーターとなってくれる可能性も高くなります。

ホームページのアクセスを増やしていくには、記事の質を最優先に

を意識してゆきましょう。

デザインは後からいくらでも変えられるので、始めの段階ではそこまで重要視しなくていいです。

記事を書くときのテクニック

それでは、検索エンジンに高く評価される記事を作るためのテクニックを紹介してゆきます。

Googleのガイドラインを守った記事を書く

Google Search Centralの画像

これが一番重要です。

検索で上位表示させるには、Googleの決めたルールを守る必要があります。

Google検索セントラルという、検索に関するガイドラインを説明したページがあります。

ガイドラインに則った記事を作ってゆけば、検索上位表示に確実に繋がります。

要するに「読みやすく価値のある記事」が評価されます。

文字数は2,000文字以上推奨

執筆ロゴ
こちらは、私の見解です

Google検索セントラルでは、高品質なコンテンツには時間が必要だと説明されています。

時間=文章量です。

私が今まで書いた記事も、2,000文字以上あるものは高く評価されているものが多いです。

avatar
文字数は必要派と不要派様々意見がありますが、私は必要派です。

というより、良質な記事は自然と文字数が増えてゆくんです。

この記事は5,000文字以上あります。

最低でも1,000文字以上の記事を作るように心がけましょう。

見出しを適切に設定する

Google検索セントラルでは、以下のような記述を避けるべきだとしています。

パラグラフ、小見出し、レイアウトの分離を取り入れずに、1 つのページにさまざまなトピックに関する大量のテキストを載せる。

https://developers.google.com/search/docs/beginner/seo-starter-guide?ref_topic=9268559&hl=ja#optimize

見出しを使わずただひたすら文章を書き続けると、読者を疲れさせてしまいます。

見出しを使用して、トピックを分けてあげましょう。

引用を適切に行う

私はこれまで、Google検索セントラルの説明を引用してきました。

引用は、記事内で単語の意味や事実を説明するときに必要です。

引用を適切に行うことで、読者に情報の正確性をより伝えることができます。

引用するときに気をつけること

  • 狩野であれば1次ソース(源流)を使用する
  • 必要な部分のみを使う
  • 引用元を明記する

1次ソースとは、情報の発信源のことです。

公式や、信頼できるメディアの情報を引用するよう心がけましょう。

引用に便利なサイト

私が引用時に重宝している「iFramely」サービスをご紹介します。

iframelyの画像

例えば、iPad Proのページを紹介したいとき

https://www.apple.com/jp/ipad-pro/ という表示と

こちらの表示では、見やすさが全く違いますよね。

iFramelyを使うと

  • iPad Proの画像が載っている
  • Appleが設定したメタディスクリプションが表示される

記事を読んでいる方へ伝わるURLの情報が一気に増すので、おすすめです。

私は引用後、そのURL先をiFramelyでしつこくない頻度で紹介しています。

パーマリンクとは

ページごとに設定しているURLの、ドメインの後ろの文字列のことです。

この記事のURLは”https://samurai-computer.com/how-to-up-your-site-access/

パーマリンクは”how-to-up-your-site-access“です。

英語で「サイトアクセスを増やす方法」という意味で設定しています。

これによってサイトURLに意味が与えられ、訪問者、検索エンジンがページ内容を理解しやすくなります。

パーマリンクは、英単語とスペースキーを使ってわかりやすいものを設定しましょう。

WordPressの場合、投稿画面から設定可能です。

画像にはAltタグを入れる

Altタグとは

記事中の画像のタイトルのようなものです。
Google曰く、その記事の宣伝文句のようなものだとされています。

画像にわかりやすいファイル名を付け、alt 属性で説明を記述します。「alt」属性には、なんらかの理由で画像を表示できない場合の代替テキストを指定できます。

Google検索セントラル
https://developers.google.com/search/docs/beginner/seo-starter-guide?hl=ja#images より

Intelロゴ

例えば、上の画像には「Intelロゴ」というAltタグをつけるのが好ましいです。

メタディスクリプションを設定する

メタディスクリプションとは

スニペットとも呼ばれます。

以下の画像の枠の部分です。

検索したときに表示される、タイトルより下の部分に表示される
記事のまとめのような文章のことです。
Google、「その記事の宣伝文句のようなものと定義しています。

一般的に、メタ ディスクリプション タグはページの内容を簡潔かつわかりやすく要約したもので、ユーザーの関心を惹くものである必要があります。つまり、そのページがまさに探していたものだとユーザーに確信させる、宣伝文句のようなものです。

Google検索セントラル
https://developers.google.com/search/docs/advanced/appearance/good-titles-snippets?hl=ja より

この部分は自分で設定可能で、適切に設定すると検索したとき上位に表示されやすくなります。

継続的に更新する

更新ロゴ

毎日更新できれば理想ですが、これができる方は滅多にいません。

できれば週に数本は記事を公開しましょう。

更新が多いと、Googleから高く評価されます。

また、サイトのボリュームが増えるとドメインパワーが強くなります。

Googleも、コンテンツは新しいものを入れるよう推奨しています。

新しいコンテンツがあると、既存のユーザーに何度もアクセスしてもらえるだけでなく、新規ユーザーも取り込むことができます。

Google検索セントラル 新鮮な独自のコンテンツを作成する より
https://developers.google.com/search/docs/beginner/seo-starter-guide?ref_topic=9268559&hl=ja#optimize

事実・実体験をベースに記事を書く

検索エンジンに高く評価されるには、記事の質が求められます。

Google検索セントラルから一部引用します。

高品質のコンテンツを作成するには、時間、労力、専門知識、才能 / スキルのうち少なくとも 1 つが十分にあることが必要です。コンテンツは事実として正確で、記述が明確で、内容が包括的であることを要します。

Google検索セントラル テーマに応じた適切な量のコンテンツを提供する より
https://developers.google.com/search/docs/beginner/seo-starter-guide?ref_topic=9268559&hl=ja#find

つまり、

高品質なコンテンツ作成に必要なもの

・時間
・労力
・専門知識
・才能
・スキル

専門性があるほどGoogle・Bingに高く評価されます。

実際に自分が検索するときで考えましょう。

ネットの内容をコピー&ペーストした浅い知識の記事より、実体験や専門知識に基づいた解説記事のほうが圧倒的に有益です。

得意分野のある方はその分野のニッチな技術、知識を活かした記事を書くとアクセスが伸びやすいです。

専門的な内容の記事は有利

技術者のアイコン

このサイトはWindowsやMac、ホームページに関する情報をメインに取り扱っています。

2021年2月現在、最もアクセスされている記事はこちら。

私のパソコン修理屋勤務時代の知識を活かした、ネットワークトラブル解説記事です。

常に安定したアクセスがあります。

専門的な内容の記事が伸びやすい理由

  • 読者に最後まで読まれることが多いためGoogleからの評価が上がる
  • 比較的ライバルが少ない
  • SNSでシェアされることが多い
専門的な知識を持った方は、ホームページのアクセスを安定化させやすいです。

まとめ

ノートの画像

拙い説明でしたが、伝わりましたでしょうか?

Googleが呼びかけていることは「価値ある情報の発信」です。

まとめ

あなたの得意分野の、貴重な情報を丁寧に解説した記事を継続的に作りましょう。

このスタンスで記事を作り続ければ、じわじわとアクセスされるようになります。

結果が出るまでは、どうしても時間がかかります。

それで心が折れて諦めてしまう人が多いですが、検索1ページ表示される記事が一つでもあると、常に安定したアクセス数が得られます。

継続は力なり。

諦めず発信を続けましょう。

今回紹介したテクニックを守って記事を作り続けてゆけば、ほぼ確実にアクセス数は増えてゆきます。

人気記事

1

Apple Siliconへの各社アプリ対応状況まとめです。2021年6月現在、徐々にネイティブ対応完了のアプリが増えてきました。随時更新です。

2

Apple Watchって何ができるの?初代から5年間使用している私が、Apple Watchの機能と魅力をゆっくり解説してゆきます。

3

自分でWindows7からWindows10にアップグレードする方法を、徹底解説します!
2021年1月現在、今でもMedia Creation Toolを使えばWindows10への無料アップグレードは可能です!

4

長い間パソコンを使っていると発生しがちなWindowsの不具合を解消するための、4つの対処法を解説します。
セーフモード起動やDISM.exe、SFCスキャンを使用してメンテナンスをしてあげましょう。

-WordPress, インターネット, ホームページ
-, ,

© 2021 サムライ コンピューター