Microsoft コラム

「PC正常性チェック」を使って、Windows11にアップグレードできるか調べる方法

PC正常性チェックの画面

Windows11はシステム要件が従来と大きく変化

Microsoftは10月5日(現地時間)に新しいWindows11をリリースしますが、

Windows11ではシステム要件が従来から大きく変化し、古いPCはバッサリと切り捨てられることが判明しています。

システム要件で特に大きなポイントは以下の4点で、

  • TPM2.0対応
  • セキュアブート対応
  • Intel 第8世代Coreプロセッサ以降のCPU
  • AMD Ryzen 2000番台以降のCPU

比較的新しいパソコンでないと、これらの要件を満たしません。

※ちなみに、Intel 第8世代Coreプロセッサは2017年登場

「自分のパソコンはWindows11にアップグレードできるんだろうか?」と気になる方は多いはず。

Microsoftさまが、今使っているパソコンをWindows11にアップグレードできるかチェックできるツール

PC正常性チェック (PC Health Check App)をリリースしたので、この記事ではその使い方を解説してゆきます。

PC正常性チェックの使い方

Windows Insiderへの登録が必要

現時点(8/29)では、PC正常性チェックはWindows Insider向けのアプリケーションです。

Windows Insiderというのは、開発中のWindowsバージョン(ベータビルド)を先行して使うために、自分が実験台になるプログラムです。

主に開発者向けに提供されています。

プログラムに参加するにはMicrosoftアカウントを作成し、Insider登録をする必要がありますが手続きはとても簡単で、料金はかかりません。

サクッと終わります。

Microsoftアカウントを作成する

※Microsoftアカウントをすでに所有している方は飛ばしてください

https://account.microsoft.com/account/Account (新規タブで開きます)にアクセスし、「Microsoftアカウントを作成」をクリックします。

Microsoftアカウント作成ページ

Microsoftアカウントの作成画面が表示されます。ここから進めてゆきます。

Microsoftアカウント作成画面

指示通りに進めればOKなので、細かい説明は割愛します。

Windows Insiderに登録する

Microsoftアカウントにサインインした状態で、https://insider.windows.com/ja-jp/register (新規タブで開きます)にアクセスします。

Windows Insiderの登録画面が表示されます。

Windows Insider登録画面

規約条項に同意ができたら、チェックを入れて「今すぐ登録」をクリックします。

「Windows Insider Programへようこそ」という画面が表示されたら、登録は完了です。

Windows Insider Programへようこその画面




PC正常性チェックを使ってみる

PC正常性チェックをダウンロードして、PCにインストールしてゆきます。

https://www.microsoft.com/en-us/software-download/windowsinsiderpreviewpchealth(新規タブで開きます)にアクセスして、

ページ下にスクロールします。

MicrosoftのWindows Insiderのページ

「Downloads」という部分があるので、そこから自分のパソコン環境に応じたPC正常性チェックのインストーラーをダウンロードします。

PC正常性チェックのダウンロード画面

私の環境では64Bitで、ダウンロードフォルダに保存しました。

インストーラーを右クリックして「インストール」をクリックします。

PC正常性チェックのインストーラーを右クリックしている画面

PC正常性チェックのセットアップが始まります。

使用許諾契約書の内容に同意できたら「インストール」をクリックします。

PC正常性チェックの使用許諾契約書の画面

私の環境では、5秒ほどでインストールが完了しました。「完了」をクリックしてセットアップを終了します。

PC正常性チェックのインストール完了画面

実際にPC正常性チェックを起動した画面はこのような感じ。

  • コンピューター名
  • メモリ容量
  • ストレージ容量
  • 使用年数
  • Windowsシステムの状態

が一目でチェックできるようになっています。

使用年数という項目が個人的に気になりました。

おそらくプロセッサの型番・世代をもとに何年経過しているか算出している?のだと思われます。

PCがWindows11のシステム要件を満たしているかチェックするには、「今すぐチェック」をクリックするだけでOKです。

PC正常性チェックの起動画面

要件を満たしていると、下の画像のような表示が現れます。

PC正常性チェックのチェック結果画面
Surface Laptop2の結果

このPCはWindows11の要件を満たしています

うれしいお知らせです。Windows11が近日公開予定です!最小システム要件を超えるアプリと機能、およびWindows11で利用できないWindows10の機能については、デバイスの仕様をご確認ください。

PC正常性チェックアプリ 診断結果より

要件を満たしていないと、下の画像のような表示になります。

PC正常性チェックのチェック結果画面

このPCは現在、Windows11システム要件を満たしていません

実行できる操作があるかどうかを確認してください。

実行できる操作がない場合は、Windows10更新プログラムを引き続き取得します。

PC正常性チェックアプリ 診断結果より

このパソコンは初代Ryzen搭載の自作デスクトップPCです。

TPM2.0非搭載であるのと、プロセッサが要件外という理由で残念ながらWindows11にはアップグレードできないようです。

まとめ

以上、パソコンがWindows11に対応しているか簡単にチェックできるツール「PC正常性チェック」のご紹介でした。

Windows11には、システム要件を満たしていれば、Windows10から無償でアップグレード可能です。

システム要件を満たしていなかった方は残念でしたが、Microsoftは2025年までWindows10のサポートを行うとアナウンスしているので、セキュリティ面の心配は当分不要です。

今まで通りWindows10を使い続けてあげてください・・・といいたいところですが

実は、Windows11非対応のPCでも新規インストール・アップグレードできる裏技的手法が存在します。

「何がなんでもWindows11を使ってみたい!」という方は、こちらの記事が参考になるかもしれないのでぜひ。

※自己責任にてお願いします。

人気記事

1

Apple Siliconへの各社アプリ対応状況まとめです。2021年9月現在、徐々にネイティブ対応完了のアプリが増えてきました。随時更新です。

2

Apple Watchって何ができるの?初代から5年間使用している私が、Apple Watchの機能と魅力をゆっくり解説してゆきます。

3

自分でWindows7からWindows10にアップグレードする方法を、徹底解説します!
2021年1月現在、今でもMedia Creation Toolを使えばWindows10への無料アップグレードは可能です!

4

デザインを刷新し多くの新機能が追加されています。10からのアップグレードが可能なのは嬉しいポイント。この記事では、Windows11の新機能と変更点について解説します。

-Microsoft, コラム
-, ,

© 2021 サムライ コンピューター