Apple

iMac 5Kの新型は16コアのM2(M1X)搭載で2021年内に登場?iMac Proに代わるプロ仕様に

注意:考察記事です。

Appleさま、大型iMacの新型はいつですか・・・24インチじゃ私には小さいです。

現行iMacのデータとMacRumorsの情報から、27インチiMacの後継機について考えてみます。

先に要点をお伝えすると

ポイント

  • 27インチ後継機は、M1の性能では無理があった
  • GPU性能が課題
  • iMac Proは27インチ後継iMacに交代
  • 27インチ後継iMacはM2を搭載する可能性が高い
  • M2チップはさらに高速化&量産は始まっている
  • 27インチ後継機は、プロ仕様で2021年内に登場する可能性がある

それでは、細かくみていきます。

iMac 27インチ後継機は登場せず

2021年4月21日、iMac 21.5インチ 4Kの新型(後継機)が登場しました。

iMac 24インチ Retina4.5Kの画像

フルラミネーションディスプレイとFusion Driveを搭載した2012年以来のフルモデルチェンジとなり、

  • ディスプレイサイズが24インチへ大型化
  • Intelプロセッサが廃止され、Apple M1チップを新しく搭載
  • カラフルな7色展開
  • さらに薄型化
  • 約4.5Kgへ軽量化
  • M1 ISPと連係する1080p FaceTime HDカメラを搭載
  • フォースキャンセリングウーファーを備えた、原音に忠実な6スピーカーシステムを搭載
  • スタジオ品質の3マイクアレイを搭載
  • SDカードリーダー、イーサネット、USB-Aの廃止

といった進化を遂げています。(最後は改悪)

というわけで小型iMacはめでたく後継機が登場したわけですが、27インチの大型iMacは変化なしです。

iMac 27インチ Retina 5Kの画像

間違いなく開発はされているはず。

先に21.5インチの新型だけ登場させたかたちとなりましたが、なぜ27インチ5Kの新型は出なかったのか?

やはり、スペックに課題がありそうです。

データで見るiMacの性能

まずは、新旧iMacの性能比較を。

記事執筆時点では新型iMac 24インチの実機データを測定できないため、同じチップで同等性能と予想されるMacBook Pro 2020 M1のスコアで比較してゆきます。

測定環境

MacBook Pro 13インチ 2020 M1

OS : macOS Big Sur 11.2.3

CPU : Apple M1

メモリ : 8GB

ストレージ : 256GB SSD

M1チップのCPU性能

GeekBench Ver5.4.0で測定したCPUスコアは

MacBook Pro 13インチ M1のGeekBench CPUスコア
  • シングルコアスコア:1737
  • マルチコアスコア:7655

でした。

他のiMacのスコアは以下の表のとおりで、

CPU名コア数シングルコアスコアマルチコアスコア備考
Apple M1817377655
Core i3 810048973183iMac 21.5 Retina Early 2019
Core i5 850069944689iMac 21.5 Retina Early 2019
Core i7 87006コア12スレッド11076007iMac 21.5 Retina Early 2019
Core i5 105006コア12スレッド11205876iMac 27 Retina Mid 2020
Core i7 10700K8コア16スレッド12528106iMac 27 Retina Mid 2020
Core i9 1091010コア20スレッド12479001iMac 27 Retina Mid 2020
M1以外のスコア参照元
https://browser.geekbench.com/mac-benchmarks

スコアをグラフで比較すると、以下のようになります。

iMac CPUスコアの性能比較グラフ

M1チップのシングルコア性能は

  • 歴代iMacで最速

M1チップのマルチコア性能は

  • 前モデルのiMac Retina 4KのCore i7 8700の120%
  • iMac Retina 5KのCore i7 10700の90%
  • iMac Retina 5KのCore i9 10910の80%

であることがわかります。

iMac 21.5 4Kに搭載されていたIntel CPUには勝利をおさめますが、

iMac 27 5Kに搭載されているCore i7・Core i9には届かず・・・という結果になりました。

とはいえ、モバイルでも採用されているチップがここまでの性能を叩き出すというのは凄まじいことですが。




M1チップのGPU性能

GeekBench Ver5.4.0で測定したGPUスコア(Metal)は21,482でした。

MacBook Pro 2020 M1のGPUスコア

他のMacのGPUスコアは以下の表のとおり。

CPU名スコア備考
Apple M121482
Radeon Pro 555X13936iMac Retina 4K 2019標準
Radeon Pro 560X18579iMac Retina 4K 2019上位
AMD Radeon Pro 530036910iMac Retina 5K 2020 標準
AMD Radeon Pro 5700XT74768iMac Retina 5K 2020 最上位
M1以外のスコア参照元
https://browser.geekbench.com/metal-benchmarks

スコアをグラフで比較すると、以下のようになります。

iMac GPU性能比較グラフ

Apple M1のグラフィック性能は

  • iMac 21.5 4Kの全GPUを上回る
  • iMac 27 5Kの最上位GPU Radeon Pro 5700XTが相手だと、約30%の性能にとどまる

という結果でした。

iMac 27インチ後継機が出なかった理由

iMac 21.5インチ相手であれば、M1チップはどの分野でも同等かそれ以上のパフォーマンスを発揮します。

ですが、27インチ5Kに搭載されているCPU・GPU性能にはまだまだ追いつけていません。

特にGPU性能では「足元にも及ばない」と評価しても良いくらい。

ここが流石にネックになって、27インチの後継機はまだ出せないのではないかと。




iMacがiMac Proのポジションを奪っている

Appleは2021年3月に、iMacとしては初のハイエンドモデルであったiMac Proの販売を終了しました。

将来的に更新する可能性も薄そうです。

iMac Proは2017年12月に、「後継機開発に難航していたMac Proの代替」として開発されたに近いプロダクトです。

あくまでつなぎ役。

結局、発売以降大きなアップデートを一度も経ずに消えてしまいました。

アップデートがゼロだったわけではありませんが、

  • Radeon Pro Vega 64Xオプションの追加
  • 価格改定

といった程度の小さなもので、特に話題にならなかった記憶があります。

一方で標準のiMac 27インチ 5Kは、毎年ひっそりとCPU・GPUが更新されておりiMac Proとの性能差を埋めていました。

2019年、めでたくド級性能でMac Proが登場し、iMac Proは徐々に微妙なポジションになっていきました。

iMacとの性能差に対して高価で、カスタムするくらいならMac Proをチョイスしたほうが良くなってしまったわけです。

というわけで、iMac Proはこのまま消えてゆくと思われます。

27インチ後継機はM2を搭載しプロ仕様に

Apple M2チップの画像

現行の27インチiMacを超えるには、M1の次世代チップが必要になります。

MacRumorsの記事によると、第2世代Apple Siliconは16コア・32コアのGPUを搭載し、MacBook Pro 16インチとiMac 27インチ後継機に搭載されるとのこと。

Apple is working on Apple silicon chip designs with as many as 16 power cores and four efficiency cores, and for higher-end desktop machines, Apple is testing a variant that has as many as 32 high-performance cores.

Alongside CPU improvements, Apple is working on 16 and 32-core GPUs for the Apple Silicon chips, and testing is being done on pricier options that could include 64 and 128 cores. The GPUs would be "several times faster" than the current GPUs that Apple uses in high-end Intel machines.

Apple's Upcoming M2 Chip for MacBook Pro
https://www.macrumors.com/guide/m2/

現行のM1は8コア止まりなので、最大4倍以上のパフォーマンスになると思って良さそうです。

つまり現行27インチiMacの最上位であるRadeon Pro 5700XTを確実に上回ります。

64コアや128コアもテストしているとか・・・恐ろしい。

それにしても、AppleとTSMCの開発力はどうなっているんでしょうか。

このままではIntelが本当に倒産しそうです。

2021年内にも登場する可能性がある

Nikkei ASIAの報道によると、AppleはM2チップの量産を開始しているそうです。

Shipments of the new chipset -- tentatively known as the M2, after Apple's current M1 processor -- could begin as early as July for use in MacBooks that are scheduled to go on sale in the second half of this year, the people said.

Apple's follow-up to M1 chip goes into mass production for Mac
https://asia.nikkei.com/Business/Tech/Semiconductors/Apple-s-follow-up-to-M1-chip-goes-into-mass-production-for-Mac

早ければ7月にも出荷されるそうなので、2021年後半にM2チップを搭載した新型MacBook ProとiMacが登場する可能性は十分にあります。

まとめ

細かいことは置いておいて、ワクワクできればそれでいい。

M1が登場してから、Macの新製品への期待が俄然上がりました。

4月に24インチiMacとM1搭載iPad Proが登場したばかりですが、しばらくAppleから目を離せない状況が続きそうです。

人気記事

1

Apple Siliconへの各社アプリ対応状況まとめです。2021年6月現在、徐々にネイティブ対応完了のアプリが増えてきました。随時更新です。

2

Apple Watchって何ができるの?初代から5年間使用している私が、Apple Watchの機能と魅力をゆっくり解説してゆきます。

3

自分でWindows7からWindows10にアップグレードする方法を、徹底解説します!
2021年1月現在、今でもMedia Creation Toolを使えばWindows10への無料アップグレードは可能です!

4

長い間パソコンを使っていると発生しがちなWindowsの不具合を解消するための、4つの対処法を解説します。
セーフモード起動やDISM.exe、SFCスキャンを使用してメンテナンスをしてあげましょう。

-Apple
-

© 2021 サムライ コンピューター