Apple コラム

買い替えするべきiMacはどのモデル?それぞれのモデルの特徴と一緒に解説します

この記事について

この記事では、古いiMacをお使いの方を対象に、各モデルごとに買い替えをすべきか解説してゆきます。

結論を先に言うと、iMac Mid 2007〜Late2014のモデルは買い替え推奨です。

2021年3月現在、最新のmacOSバージョンはBig Surです。

macOS Big Surのロゴ

Big Surに対応しているiMacは Late 2014以降。

iMac (Retina 5K, 27-inch, Late 2014)

macOS Big Sur と互換性のあるコンピュータ
https://support.apple.com/ja-jp/HT211238

例年どおりであれば、2021年9月にまた新しいmacOSが発表されます。

次期バージョンでは2014・2015あたりがサポート対象外となる可能性があります。

iMacモデルごとの解説

iMac Mid 2007

iMac Mid2007の画像

iMac Mid 2007の特徴

特徴

  • 20インチと24インチのサイズ展開
  • Intel Core2 Duoを搭載
  • ボディがアルミ&ポリカーボネートに変更
  • 本体カラーがホワイトからブラックへと変化
  • 17インチモデルの廃止

iMac Mid 2007のサポートOS

最新macOS Big Surには非対応

iMac Mid2007は、2015年リリースのOS X El Capitanを最後にOSサポートが終了しています。

CPUがCore2 Duoとかなり古いので、性能的に常用はかなり厳しいです。

El Capitanで使い続けることも、セキュリティリスクを考えるとおすすめできません。

買い替え推奨です。

買い替え推奨

サポートOSバージョンリリース年
Mac OS X 10.4 (Tiger)初期搭載
Mac OS X 10.5 (Leopard)2007年
Mac OS X 10.6 (Snow Leopard)2009年
Mac OS X 10.7 Lion2010年
OS X 10.8 Mountain Lion2012年
OS X 10.9 Mavericks2013年
OS X 10.10 Yosemite2014年
OS X 10.11 El Capitan2015年

iMac Early 2008

iMac Early 2008の画像

iMac Early 2008の特徴

特徴

  • 20インチと24インチのサイズ展開
  • Intel Core2 Duoを搭載
  • DDR2 800MHzメモリに対応
  • グラフィックのCTOオプションにNVidia GeForce 8800 GSが追加

iMac Early 2008のサポートOS

最新macOS Big Surには非対応

iMac Early 2008も、OS X El Capitanを最後にOSサポートが終了しています。

内部性能もMid 2007とほとんどかわらず、こちらも常用はかなり厳しいです。

買い替え推奨です。

買い替え推奨

サポートOSバージョンリリース年
Mac OS X 10.5 (Leopard)初期搭載
Mac OS X 10.6 (Snow Leopard)2009年
Mac OS X 10.7 Lion2010年
OS X 10.8 Mountain Lion2012年
OS X 10.9 Mavericks2013年
OS X 10.10 Yosemite2014年
OS X 10.11 El Capitan2015年

iMac Early 2009

iMac Early 2009の画像

iMac Early 2009の特徴

特徴

  • 20インチと24インチのサイズ展開
  • Intel Core2 Duoを搭載
  • DDR3メモリに対応
  • FireWire400の廃止
  • グラフィックのCTOオプションにRadeon HD4850が追加
  • 最大搭載メモリ量が8GBに増量

iMac Early 2009のサポートOS

最新macOS Big Surには非対応

Mid 2007・Early 2008と同じくOS X El Capitanを最後にOSサポート終了。

買い替え推奨です。

買い替え推奨

サポートOSバージョンリリース年
Mac OS X 10.5 (Leopard)初期搭載
Mac OS X 10.6 (Snow Leopard)2009年
Mac OS X 10.7 Lion2010年
OS X 10.8 Mountain Lion2012年
OS X 10.9 Mavericks2013年
OS X 10.10 Yosemite2014年
OS X 10.11 El Capitan2015年

iMac Late 2009

iMac Late 2009の画像

iMac Late 2009の特徴

特徴

  • 21.5インチと27インチのサイズ展開に変化
  • CPUのCTOオプションにIntel Core i5・Core i7が追加
  • 一部モデルでグラフィックカードが変化
  • ストレージのCTOオプションに2TB HDDが追加
  • ボディ背面がアルミニウムに変化
  • ディスプレイがIPSパネルに変化
  • 新たにSDカードスロットを搭載
  • 最大搭載メモリ量が16GBに増量

iMac Late 2009のサポートOS

最新macOS Big Surには非対応

macOS High Sierraまで対応します。

27インチモデルにはCore i5・i7のモデルがありますが初代なので性能は低め。

WEBブラウジングやメール、音楽再生程度であればなんとかこなせますが、ワットパフォーマンスがあまりにも悪いのでおすすめできません。

買い替え推奨です。

High Sierraで使い続けるなら、メモリは8GB以上に増設しましょう。

買い替え推奨

サポートOSバージョンリリース年
Mac OS X 10.6 (Snow Leopard)初期搭載
Mac OS X 10.7 Lion2010年
OS X 10.8 Mountain Lion2012年
OS X 10.9 Mavericks2013年
OS X 10.10 Yosemite2014年
OS X 10.11 El Capitan2015年
macOS 10.12 Sierra2016年
macOS 10.13 High Sierra2017年

iMac Mid 2010

iMac Mid2010の画像

iMac Mid 2010の特徴

特徴

  • 21.5インチと27インチのサイズ展開
  • CPUがIntel Core iプロセッサに刷新
  • グラフィックカードの刷新
  • ストレージのCTOオプションに256GB SSDが追加

iMac Mid 2010のサポートOS

最新macOS Big Surには非対応

Late 2009同様、High Sierraまで対応します。

CPUは先代のLate 2009と同じで、初代のIntel Core iプロセッサ。

ワットパフォーマンスの悪さも改善されておらず、常用はおすすめできません。

買い替え推奨です。

High Sierraで使い続けるなら、メモリは8GB以上に増設しましょう。

買い替え推奨

サポートOSバージョンリリース年
Mac OS X 10.6 (Snow Leopard)初期搭載
Mac OS X 10.7 Lion2010年
OS X 10.8 Mountain Lion2012年
OS X 10.9 Mavericks2013年
OS X 10.10 Yosemite2014年
OS X 10.11 El Capitan2015年
macOS 10.12 Sierra2016年
macOS 10.13 High Sierra2017年

iMac Mid 2011

iMac Mid2011の画像

iMac Mid 2011の特徴

特徴

  • 21.5インチと27インチのサイズ展開
  • CPUが第2世代Intel Core iプロセッサに刷新
  • グラフィックカードの刷新
  • 最大搭載メモリ量が32GBにアップ
  • Thunderboltポートを新たに搭載

iMac Mid 2011のサポートOS

最新macOS Big Surには非対応

Late2009・Mid 2010と変わらず、High Sierraまで対応します。

このモデルではCPUが第2世代Intel Core i5・i7プロセッサになり、処理性能が大幅に向上しました。

軽作業であれば比較的快適にこなせますが、対応OSがHigh Sierra止まりなのでメインマシンとして使うのは避けた方が良いです。

買い替え推奨です。

High Sierraで使い続けるなら、メモリは8GB以上に増設しましょう。

買い替え推奨

サポートOSバージョンリリース年
Mac OS X 10.6 (Snow Leopard)初期搭載
Mac OS X 10.7 Lion2010年
OS X 10.8 Mountain Lion2012年
OS X 10.9 Mavericks2013年
OS X 10.10 Yosemite2014年
OS X 10.11 El Capitan2015年
macOS 10.12 Sierra2016年
macOS 10.13 High Sierra2017年

iMac Late 2012

iMac Late2012の画像

iMac Late 2012の特徴

特徴

  • 21.5インチと27インチのサイズ展開
  • フルラミネーションディスプレイへの変更
  • ボディの厚みと重量が小型・軽量化
  • CPUが第3世代Intel Core iプロセッサに刷新
  • グラフィックカードの刷新
  • ストレージオプションにFusion Driveが追加
  • ストレージオプションのSSD容量が最大756GBにアップ
  • ストレージオプションのHDD容量が最大3TBにアップ
  • 初期搭載メモリ量が8GBにアップ
  • USB3.0に対応
  • 光学ドライブの廃止

iMac Late 2012のサポートOS

最新macOS Big Surには非対応

macOS Catalinaまで対応します。

このモデルから、21.5インチモデルではユーザーが自分でメモリ増設をすることができなくなりました。

また、標準搭載メモリが8GBになり余裕ができました。

OSをCatalinaにして用途を限定すればまだ使えます。

必ず買い替えすべきというほどではないと思います。

ただ、さすがに古さは否めません。

買い替え推奨

サポートOSバージョンリリース年
OS X 10.8 Mountain Lion初期搭載
OS X 10.9 Mavericks2013年
OS X 10.10 Yosemite2014年
OS X 10.11 El Capitan2015年
macOS 10.12 Sierra2016年
macOS 10.13 High Sierra2017年
macOS 10.14 Mojave2018年
macOS 10.15 Catalina2019年

iMac Late 2013

iMac Late2013の画像

iMac Late 2013の特徴

特徴

  • 21.5インチと27インチのサイズ展開
  • CPUが第4世代Intel Core iプロセッサに刷新
  • グラフィックカードの刷新
  • ストレージオプションのSSD容量が最大1TBにアップ
  • 802.11 ac Wi-Fiに対応

iMac Late 2013のサポートOS

買い替え推奨

サポートOSバージョンリリース年
OS X 10.8 Mountain Lion初期搭載
OS X 10.9 Mavericks2013年
OS X 10.10 Yosemite2014年
OS X 10.11 El Capitan2015年
macOS 10.12 Sierra2016年
macOS 10.13 High Sierra2017年
macOS 10.14 Mojave2018年
macOS 10.15 Catalina2019年

iMac Late 2014 Retina 5K

iMac Late2014 Retina 5Kの画像

iMac Late 2014 Retina 5Kの特徴

特徴

  • 21.5インチと27インチのサイズ展開
  • 新たにRetina 5Kディスプレイを搭載
  • グラフィックカードの刷新
  • Thunderbolt2を搭載

iMac Late 2014 Retina 5KのサポートOS

買い替え検討推奨

サポートOSバージョンリリース年
OS X 10.10 Yosemite初期搭載
OS X 10.11 El Capitan2015年
macOS 10.12 Sierra2016年
macOS 10.13 High Sierra2017年
macOS 10.14 Mojave2018年
macOS 10.15 Catalina2019年
macOS 11 Big Sur2020年

iMac Late 2015

iMac Late2015の画像

iMac Late 2015の特徴

特徴

  • 21.5インチと27インチのサイズ展開
  • 21.5インチモデルがRetina 4Kディスプレイを初めて搭載
  • CPUがIntel 第5世代・6世代Core iプロセッサへ刷新
  • グラフィックカードの刷新
  • Fusion DriveのSSD容量が32GBに減量
  • ディスプレイがP3色域に対応

iMac Late 2015のサポートOS

最新macOS Big Surに対応

買い替え検討推奨

サポートOSバージョンリリース年
OS X 10.11 El Capitan初期搭載
macOS 10.12 Sierra2016年
macOS 10.13 High Sierra2017年
macOS 10.14 Mojave2018年
macOS 10.15 Catalina2019年
macOS 11 Big Sur2020年

iMac Mid 2017

iMac Mid2017の画像

iMac Mid 2017の特徴

特徴

  • 21.5インチと27インチのサイズ展開
  • CPUがIntel 第7世代Core iプロセッサへ刷新
  • DDR4メモリに対応
  • グラフィックカードの刷新
  • CTOストレージオプションに2TB SSDが追加
  • Thunderbolt3をはじめて搭載

iMac Mid 2017のサポートOS

買い替え不要

サポートOSバージョンリリース年
macOS 10.12 Sierra初期搭載
macOS 10.13 High Sierra2017年
macOS 10.14 Mojave2018年
macOS 10.15 Catalina2019年
macOS 11 Big Sur2020年

iMac 2019

iMac 2019の画像

iMac 2019の特徴

特徴

  • 21.5インチと27インチのサイズ展開
  • CPUがIntel 第8世代Core iプロセッサへ刷新
  • CPU CTOオプションにCore i9が追加
  • グラフィックカードの刷新
  • CTOグラフィックオプションにRadeon Vegaが追加

iMac 2019のサポートOS

買い替え不要

サポートOSバージョンリリース年
macOS 10.14 Mojave初期搭載
macOS 10.15 Catalina2019年
macOS 11 Big Sur2020年

iMac Mid 2020

iMac Mid2020の画像

iMac Mid 2020の特徴

特徴

  • 21.5インチと27インチのサイズ展開
  • Apple T2チップを初めて搭載(27インチモデルのみ)
  • 27インチモデルのCPUがIntel 第10世代Core iプロセッサへ刷新
  • グラフィックカードの刷新
  • CTO ストレージオプションに4TB/8TB SSDが追加
  • ディスプレイオプションにNano-Textureガラスが追加
  • 全モデルでSSDを標準搭載
  • 27インチモデルのFaceTime HDカメラが1080pにアップ
  • 10Gb Ethernetオプションが追加(27インチモデルのみ)

iMac Mid 2020のサポートOS

買い替え不要

サポートOSバージョンリリース年
macOS 10.15 Catalina初期搭載
macOS 11 Big Sur2020年

まとめ

執筆中:2021年3月17日

人気記事

1

Apple Siliconへの各社アプリ対応状況まとめです。2021年6月現在、徐々にネイティブ対応完了のアプリが増えてきました。随時更新です。

2

Apple Watchって何ができるの?初代から5年間使用している私が、Apple Watchの機能と魅力をゆっくり解説してゆきます。

3

自分でWindows7からWindows10にアップグレードする方法を、徹底解説します!
2021年1月現在、今でもMedia Creation Toolを使えばWindows10への無料アップグレードは可能です!

4

長い間パソコンを使っていると発生しがちなWindowsの不具合を解消するための、4つの対処法を解説します。
セーフモード起動やDISM.exe、SFCスキャンを使用してメンテナンスをしてあげましょう。

-Apple, コラム
-,

© 2021 サムライ コンピューター