Apple アップデート情報

iOS15とiPadOS15のPublic Betaが配信開始

Appleが2021年6月30日(現地時間)、一般ユーザー向けにiOS15とiPadOS15のPublic Beta1をリリースしました。

Public BetaはDeveloper Betaとは異なり、Apple Beta Software Programに登録(無料)することで誰でもインストールすることが可能です。

Apple Beta Software Programの画像

開発者向けiOS15・iPadOS15 Betaは2021年6月7日(現地時間)に配信されていますが、今回Public Betaが配信されたことにより全ユーザーが新しいiOS15・iPadOS15を試すことができるようになりました。

しかし、ベータ版のため動作が不安定だったり不具合が隠れていることがあるため、メイン端末へのインストールは避けたほうが無難です。

iOS15対応機種

iOS15の画像
  • iPhone12
  • iPhone12 mini
  • iPhone12 Pro
  • iPhone12 Pro Max
  • iPhone11
  • iPhone11 Pro
  • iPhone11 Pro Max
  • iPhone XS
  • iPhone XS Max
  • iPhone XR
  • iPhone X
  • iPhone 8
  • iPhone 8 Plus
  • iPhone 7
  • iPhone 7 Plus
  • iPhone 6s
  • iPhone 6s Plus
  • iPhone SE(第1世代)
  • iPhone SE(第2世代)
  • iPod touch 第7世代

iPadOS15対応機種

iPadOS15の画像
  • iPad Pro 12.9インチ (第5世代)
  • iPad Pro 12.9インチ (第4世代)
  • iPad Pro 12.9インチ (第3世代)
  • iPad Pro 12.9インチ (第2世代)
  • iPad Pro 12.9インチ (第1世代)
  • iPad Pro 11インチ (第3世代)
  • iPad Pro 11インチ (第2世代)
  • iPad Pro 11インチ (第1世代)
  • iPad Pro 10.5インチ
  • iPad Pro 9.7インチ
  • iPad Air(第4世代)
  • iPad Air(第3世代)
  • iPad Air 2
  • iPad (第8世代)
  • iPad (第7世代)
  • iPad (第6世代)
  • iPad (第5世代)
  • iPad mini(第5世代)
  • iPad mini 4

iOS14とiOS15の動作比較

iAppleBytesさんのチャンネルで、iOS14.6とiOS15 Beta1の動作速度比較をした動画があるのでiOS15へのアップデートが不安な方は一度チェックしてみると良いかもしれません。

私はサブで使用しているiPhone SE第1世代をiOS15 Betaにしてみましたが、iOS14.6と比較して反応が悪くなり常用はストレスが溜まりそうだと感じました。

ベータ版なので、今後パフォーマンスが上がる可能性はあるので期待したいところ。

人気記事

1

Apple Siliconへの各社アプリ対応状況まとめです。2021年6月現在、徐々にネイティブ対応完了のアプリが増えてきました。随時更新です。

2

Apple Watchって何ができるの?初代から5年間使用している私が、Apple Watchの機能と魅力をゆっくり解説してゆきます。

3

自分でWindows7からWindows10にアップグレードする方法を、徹底解説します!
2021年1月現在、今でもMedia Creation Toolを使えばWindows10への無料アップグレードは可能です!

4

デザインを刷新し多くの新機能が追加されています。10からのアップグレードが可能なのは嬉しいポイント。この記事では、Windows11の新機能と変更点について解説します。

-Apple, アップデート情報
-,

© 2021 サムライ コンピューター