アップデート情報

iPad第7世代発売開始!Touch IDがグレードダウン?全体的にはコスパ最高な1台

iPad第7世代の画像

ついにiPad第7世代が発売開始されました!

基本的な内部仕様は第6世代を受け継ぎつつ、さらなる機能を搭載。

画面サイズが大きくなりSmart Keyboardにも対応し、より生産性の高いiPadになりました。

お値段は34,800円(税別)!

第6世代より値下がりしています。驚異的なコスパ。

相当売れそうな予感がします。

第6世代と比較して、何が変わったのか見てみましょう。

【目次】

1. 主な内部スペック比較

2. ポイント

3. Touch IDがなぜか第1世代にグレードダウン

4. Officeが無料で使えなくなってしまった

5. Smart Keyboardに対応

6.まとめ

1.主な内部スペック比較

[table id=13 /]

2.ポイント

・ディスプレイサイズが9.7→10.2インチにアップ

・メモリが2GB→3GBに増量

・Smart Keyboardに対応

・Touch IDはなぜか第1世代にグレードダウン

3.Touch IDがなぜか第1世代に

比較画像※右側がiPad第7世代

コストダウンでしょうが、正直全く気にならなそう。

個人的には許容範囲内です。

メモリが3GBなのは分解でおなじみ「iFixit 」の情報。

[blogcard url="https://www.ifixit.com/Teardown/iPad+7+Teardown/126291"]

Apple A10 Fusion APL1W24 SoC layered over Micron D9WQC 3 GB LPDDR4 SDRAM (that's 50% more RAM than last year)

"https://www.ifixit.com/Teardown/iPad+7+Teardown/126291"

4.Officeが無料で使えなくなった

ディスプレイサイズが10.2インチになったため、Microsoft Officeを使うのにOffice 365 Soloの契約が必要となりました。

Office365 Soloのイメージ画像

ただ、iPadOSではOffice Onlineが動作するようになったので、多少の使いづらさを我慢できればOffice Onlineで良いでしょう。

5.Smart Keyboardに対応

Apple SmartKeyboardの画像

Apple Pencilに加え、Smart Keyboardまで使えるようになりました。

・iPad Pro10.5

・iPad Air 2019

と同じものがそのまま使えるようです。

これで長文入力もへっちゃらです。

ただ、Apple Pencil & Smart Keyboardのセットを追加すると69,740円(税込)になります。

Smart Keyboard、もっと安いと買いやすいけどなあ・・・。

6.まとめ

最高のエントリーモデルが誕生したと思います。

ただでさえコストパフォーマンスの高いiPadが、高機能になってさらに安く買いやすくなりました。

CPUがA10 Fusionなのがちょっと痛いですが、一般的な作業であれば十分快適にこなせるでしょう。

一般ご家庭で初めてのiPadとしては最適な1台です。

iPadに興味のあるという方は、是非ご検討してみてはいかがでしょうか。

人気記事

1

Apple Siliconへの各社アプリ対応状況まとめです。2021年6月現在、徐々にネイティブ対応完了のアプリが増えてきました。随時更新です。

2

Apple Watchって何ができるの?初代から5年間使用している私が、Apple Watchの機能と魅力をゆっくり解説してゆきます。

3

自分でWindows7からWindows10にアップグレードする方法を、徹底解説します!
2021年1月現在、今でもMedia Creation Toolを使えばWindows10への無料アップグレードは可能です!

4

長い間パソコンを使っていると発生しがちなWindowsの不具合を解消するための、4つの対処法を解説します。
セーフモード起動やDISM.exe、SFCスキャンを使用してメンテナンスをしてあげましょう。

-アップデート情報
-,

© 2021 サムライ コンピューター