アップデート情報 コラム

【危ないよ】Office 2010を使い続ける危険性と3つの対処法

アイキャッチ画像

Office2010がサポート終了

Windows7のサポート終了で隠れがちですが、Office 2010のサポートが2020年10月13日に終了しています。

これについて、Microsoftが注意喚起をしています。

Office 2010 のサポートが終了しました。OS のバージョンに関わらずセキュリティの脅威に対して脆弱になります。お早めに Microsoft 365 または Office 2019 への移行をご検討ください。

2020 年 10 月 13 日に Office 2010 の延長サポートが終了しました !
https://www.microsoft.com/ja-jp/atlife/article-office2010-eos.aspx?activetab=office%3aprimaryr13 より

この記事では、Office2010サポート終了の危険から身を守る3つの対処法を解説します。

目次

  • サポート終了するとどうなる?
  • 3つの対処法
    • Office 2019にアップグレード
    • Microsoft 365 Personalを契約する
    • LibreOfficeを使用する
  • まとめ

サポート終了するとどうなる?

基本的には、今まで通り使えます

WordもExcelも起動してドキュメントの新規作成や編集ができますし、Outlookではメールの送受信が可能です。

ではどこが問題なのかというと、セキュリティリスクが高まることです。

クラッカーのイラスト

WindowsにもOffice(Word・Excel)にも、プログラムには脆弱性(ぜいじゃくせい)が存在します。

脆弱性とは平たく言うと、「悪意ある攻撃に利用されるセキュリティの穴」のことです。

サポート期間中は脆弱性を修正する更新が配信されますが、サポートが終了すると配信がストップします。

サポート終了のまま放置すると、外部から悪意ある攻撃を受ける可能性が高くなるので危険です。

ビジネスでパソコンを使っている場合、顧客情報が流出・・・といった最悪の事態になると取り返しがつきません。

3つの対処法

Office 2019にアップグレード

Office2019のロゴ

パッケージ版のOffice 2019を購入し、自分でアップデートする方法です。

パッケージ版は買い切りライセンス、永続版ライセンスとも呼ばれます。

購入すればそれ以降費用は発生せず、定められた期間まで使用できるタイプです。

Office 2019は、2025年10月14日までサポートされると発表されています。

パッケージ版Office 2019は、

  • Microsoftオンラインストア
  • 家電量販店
  • 通販

から購入できます。

パッケージ版Office 2019の価格とソフト

Office 2019の価格表
バージョン価格ソフト備考
Personal32,784円Word・Excel・Outlook永続版ライセンス
Home and Business38,284円Word・Excel・Outlook・PowerPoint永続版ライセンス
※2021年5月11日時点価格
https://www.microsoft.com/ja-jp/microsoft-365/buy/compare-all-microsoft-365-products?tab=1 より

PowerPointを使わないのであれば、Personalの方が安く済みます。

通販サイトやオークションサイトで販売されている格安Officeについて

通販サイトやオークションサイトでは、Officeライセンスが数千円で販売されていることがあります。

定価の10%と破格ですが、これらのほとんどはMicrosoft非正規の違法ライセンスです。

安さに釣られて手を出しても、「不正なライセンスです」と警告が表示され使えなくなる可能性があるため購入しないようにしましょう。




Microsoft 365を契約する

旧称:Office 365 Solo。2020年4月に変更されました。

Office365のロゴ

最近はこちらが主流になりつつあります。

サブスクリプション方式と呼ばれ、月契約、もしくは年単位で決められた料金を支払い続ける方式です。

月額払いと年間払いの2種類があります。

Microsoft 365の価格

契約形式価格備考
月間契約1,284円/月
年間契約12,984円/年2ヶ月分お得
※2021年5月11日時点価格
https://www.microsoft.com/ja-jp/microsoft-365/buy/compare-all-microsoft-365-products?tab=1 より

年間払いの方が約2か月分お買い得です。

Microsoft 365の良さ

主に以下のメリットがあります。

  • 常に最新バージョンに更新できる
  • 使用できるアプリケーションが豊富
  • インストール可能台数無制限
  • 同時利用可能台数5台
  • 1TBのOneDriveストレージが利用可能
Microsoft365で利用できるソフト
Office365で利用できるアプリ一覧
  • Word
  • Excel
  • PowerPoint
  • Outlook
  • Access(データベース管理ソフト・Windowsのみ)
  • Publisher(チラシやハガキ制作ソフト・Windowsのみ)
  • 1TBのOneDriveストレージ付属

AccessとPublisherが使用でき、1TBのOneDriveストレージが使えるのがメリットです。

Microsoft365は契約制のため、登録を解除しない限りずっと請求が発生します。
※契約解除はいつでも可能で、違約金(解約料)は発生しません。

Microsoft Officeは使い方に応じた選択を

avatar
Microsoft 365はお得感が大きく、パソコンを複数台所有している方やクラウドを多用する方は契約する価値は十分にあると思います。

逆に、WordやExcelは1台のパソコンでしか使わない、OneDriveやPowerPointは特に使わないという方には、永続版ライセンスがオススメです。

Windows7でのOffice365使用について

Windows7は、サポートが終了したためMicrosoft 365のインストールが不可能です。
最新のWindows10へ移行しましょう。




LibreOfficeを使用する

LibreOfficeのロゴ
無料で使えます

LibreOfficeとは

世界中で使われている、オープンソフトソフトウェアです。

安心してお使いいただけます。

LibreOfficeの良さ

  • 無料で使用できる
  • 脆弱性対応が比較的早いため、安心して使える

LibreOfficeの弱点

  • Microsoft Officeと比較すると使いづらい
  • Microsoft Officeと比較すると機能が少ない
  • 互換性が完全でなく、レイアウトが崩れることがある

LibreOfficeの実際の画面

LibreOfficeの起動画面

Libre Officeの画面
Ver7.1.2.2(2021年5月11日)

LibreOffice Writer(Word)の起動画面

Libre Office Writerの画面

LibreOffice Calcの起動画面

Libre Office Calcの画面

MicrosoftのOfficeと比較すると簡素な画面ですが、必要な機能は一通りそろっています。

「WordもExcelもそこまで使わないし、お金はかけたくない」という方に最適な選択肢です。

ダウンロードはこちらから可能です。

https://ja.libreoffice.org/download/download/




まとめ

利用頻度と予算で考えましょう。

考えている人のイラスト

Windows7と比較すると影が薄めなOffice2010ですが・・・

やはりサポート切れのバージョンを使うのは危険が伴います。

「Officeをバリバリ使う!」という方はMicrosoft 365の契約がオススメです。

逆にWordもExcelもほとんど使わないという方はLibreOfficeに移ると良いです。

人気記事

1

Apple Siliconへの各社アプリ対応状況まとめです。2021年9月現在、徐々にネイティブ対応完了のアプリが増えてきました。随時更新です。

2

Apple Watchって何ができるの?初代から5年間使用している私が、Apple Watchの機能と魅力をゆっくり解説してゆきます。

3

自分でWindows7からWindows10にアップグレードする方法を、徹底解説します!
2021年1月現在、今でもMedia Creation Toolを使えばWindows10への無料アップグレードは可能です!

4

デザインを刷新し多くの新機能が追加されています。10からのアップグレードが可能なのは嬉しいポイント。この記事では、Windows11の新機能と変更点について解説します。

-アップデート情報, コラム
-, , ,

© 2021 サムライ コンピューター