コラム パソコントラブル

Windowsパソコンのデータを一時的に外付けハードディスクにバックアップする方法

avatar
この記事では、初心者の方向けにWindowsパソコンのデータ保存方法をゆっくり解説してゆきます。

皆さん、パソコンのデータは保存していますか?

パソコンはいつ壊れるかわかりません。

私はパソコン修理屋に勤務していたとき、何百台も故障したパソコンをみてきました。

「Windowsが起動しなくなった」というパソコンは毎日のようにありましたし、ひどいケースだと突然ピクリとも動かなくなることもあります。

パソコンには様々な部品が詰まっています。

データを保存するハードディスクという部品は、壊れやすい部品です。

備えあれば憂いなし。万が一に備えてデータは定期的に保存しましょう。

Windowsのアップデート(更新)前に保存することも大切です。

バックアップをしておけば、今まで作業を積み上げてきた重要なファイルも、大切な家族写真も復旧することができます。




はじめにパソコンのデータ量を確認

はじめに、パソコン内にあるデータの量を確認しましょう。

  1. Windows7
  2. Windows10

の順番で解説してゆきます。




Windows7のパソコンデータ量確認手順

Windows7スタートメニュー

Windowsシステムの入ったドライブ※1を選択し、ダブルクリックして中に入ります

Windows7エクスプローラー画面

※1 ほとんどの場合は、Cドライブです

  • Program Files
  • Program Files(x86)
  • Windows
  • ユーザー

などのフォルダが出てきます。

「ユーザー」というフォルダを開きます。

※私の環境では「Users」と英語になっていますが、通常は「ユーザー」です。

Windows7エクスプローラー画面2

開くとユーザー名のフォルダとパブリックフォルダが表示されます。

「ユーザー名」フォルダを右クリックして、「プロパティ」をクリックします。

Windows7エクスプローラー画面3

中にあるデータ量の計測が始まります。

Windows7エクスプローラー画面

計測には少し時間がかかります。

パソコンの性能にもよりますが、数分かかる場合もあるので完全に変化がなくなるまで少し待ちます。

私のパソコンにあるデータは、334MBでした。

テスト用のパソコンなので、非常に少ないです。

この記事を読まれている方は、もっと多いサイズで出てくるはずです。

この334MBの中に

  • デスクトップファイル
  • ピクチャ
  • ドキュメント
  • ミュージック
  • ダウンロード
  • クラウドのファイル(利用している場合)

などが入っています。

外付けハードディスクへのデータ保存手順は、記事後半で解説しますのでそこまでジャンプしていただければと思います。




Windows10のパソコンデータ量確認手順

基本的な流れはWindows7と同じです。

スタートボタンをクリックし、「PC」と入力します。

PCのアイコンが表示されるので、クリックします。

Windows10スタートメニュー

エクスプローラーが起動し、ストレージが一覧で表示されます。

Windowsロゴのついたディスクを選択し、タブルクリックで中に入ります。

この画像もそうですが、一般的にはローカルディスクCになります。

Windows10エクスプローラー画面
  • Program Files
  • Program Files(x86)
  • Windows
  • ユーザー

など色々なフォルダが出てきます。

「ユーザー」フォルダをクリックします。

Windows10エクスプローラー画面2

ユーザー名のついたフォルダと、パブリックフォルダが表示されます。

Windows10エクスプローラー画面3
注意:ユーザー名はパソコンによって違います。

私のユーザー名は「ep-70」ですので、「ep-70」フォルダを右クリックしました。

ユーザー名のフォルダを右クリックして、「プロパティ」をクリックします。

Windows10エクスプローラー画面4

「サイズ」の部分に表示される容量が、ユーザーデータ量です。

Windows10エクスプローラー画面5

計測には少し時間がかかります。

パソコンの性能にもよりますが、数分かかる場合もあるので完全に変化がなくなるまで少し待ちます。

私のパソコンにあるデータは、231GBでした。

それなりにある、といったところでしょうか。

この231GBの中に

  • デスクトップファイル
  • ピクチャ
  • ドキュメント
  • ミュージック
  • ダウンロード
  • クラウドのファイル(利用している場合)

などが入っています。




データをバックアップする

外付けハードディスクの画像

初心者の方には、外付けハードディスクへバックアップする方法がおすすめです。

外付けハードディスクに保存するメリット

  • 手軽に設定できる
  • ランニングコスト(維持費)がかからない
  • 長期的に見れば、費用を抑えられる

ちなみに、USBフラッシュメモリへの保存はおすすめしません。

USBフラッシュメモリの画像

なぜかというと

USBフラッシュメモリへの保存をおすすめしない理由

容量が小さい
・突然故障した場合の復旧が困難
・小さいため、紛失の危険性がある
・速度が遅い
ため

自宅や事務所で保存するなら、容量の大きな外付けハードディスクがおすすめです。

昔と違って、今は大容量でも非常に安く購入できます。

ハードディスクを購入できる場所

ヤマダ電機やノジマ、エディオンなど家電量販店では間違いなく売っています。

安く買いたいのであれば、やはりAmazonなどの通販がおすすめです。

先ほど確認したデータ量に応じた容量の外付けハードディスクを選択しましょう。

とはいえ、個人で1TB以上のデータを所有している方は少数ですが。




Windows7のデータバックアップ手順

Windows7のパソコンデータを外付けハードディスクに保存する手順を解説します。

データ量を確認した際に開いた、「ユーザー名」フォルダ開きます。

ユーザー名のフォルダを右クリックして、「コピー」をクリックします。

外付けハードディスクの中に移動します。

Windows7エクスプローラー画面1

コピーしたデータを、「貼り付け」します。

Windows7エクスプローラー画面2

コピーが始まります。終わるまで待ちます。

Windows7ファイルコピー画面

データ量とパソコンの性能によってかかる時間は違います。

ゆっくり待ちましょう。




Windows10のデータバックアップ手順

Windows10でも、7と流れは同じです。

外付けハードディスクをパソコンと接続します。

Windowsが認識すると、下の画像のようにエクスプローラーに表示されます。

Windows10エクスプローラー画面1

注意:今回の記事のために用意したハードディスクは250GBです

ユーザー名のフォルダを右クリックして、「コピー」をクリックします。

Windows10エクスプローラー画面2

外付けハードディスクの中に入って、「貼り付け」をクリックします。

Windows10エクスプローラー画面3

「このフォルダーをコピーするには管理者の権限が必要です」と表示されます。

「続行」をクリックします。

Windows10管理者権限要求画面

コピー領域の検出と移動が始まります。

Windows10ファイルコピー中画面

ここからは、完了するまで放置しておきます。

コピーサイズにもよりますが、数時間から半日以上かかる場合もあります。

気長に待ちましょう。

コピーが完了すれば、バックアップは完了です!




まとめ

今回の記事では、一般的なバックアップ手段である外付けハードディスクへの保存を解説しました。

ハードディスクは、使用時間に応じて劣化し故障していきます。

軽度の故障であればデータの復旧は可能なことが多いのですが、

重度の故障の場合復旧難易度は一気に高くなります。

パソコン修理屋勤務時代、バックアップをとっていないがために、データを諦めるしかなかった

というお客様を何人か見てきました。

これは、バックアップをとっていれば防げていたこと。

まさに、備えあれば憂い無しです。

この記事が、皆さまのデータお役に立てば幸いです。

この記事が参考になりましたら、SNSシェア、コメントいただけますと嬉しいです!

人気記事

1

Apple Siliconへの各社アプリ対応状況まとめです。2021年6月現在、徐々にネイティブ対応完了のアプリが増えてきました。随時更新です。

2

Apple Watchって何ができるの?初代から5年間使用している私が、Apple Watchの機能と魅力をゆっくり解説してゆきます。

3

自分でWindows7からWindows10にアップグレードする方法を、徹底解説します!
2021年1月現在、今でもMedia Creation Toolを使えばWindows10への無料アップグレードは可能です!

4

長い間パソコンを使っていると発生しがちなWindowsの不具合を解消するための、4つの対処法を解説します。
セーフモード起動やDISM.exe、SFCスキャンを使用してメンテナンスをしてあげましょう。

-コラム, パソコントラブル
-,

© 2021 サムライ コンピューター