Windows Update

【KB5003690】オーディオ不具合などが修正されたWindows10のオプション更新プログラムが配信開始

アイキャッチ画像
今回は逃げられる更新です。

KB5003690が配信開始

2021年6月21日、MicrosoftさまがWindows10の更新プログラムKB5003690を配信しました。

今回はオプションのプレビューアップデートですが、以前から報告されていた5.1chオーディオの不具合やゲームパフォーマンス低下不具合が修正されています。

対応バージョン

  • Windows10 21H1全エディション
  • Windows 10 20H2 全エディション
  • Windows Server 20H2 全エディション
  • Windows 10 2004 全エディション
  • Windows Server 2004

KB5003690への更新方法

Windows Updateから手動で行えます。

  • 設定
  • 更新とセキュリティ
  • Windows Update
  • 更新プログラムの確認

KB5003690の変更点

Adobe Flash Playerの削除

Adobe Flash playerのロゴ

AdobeはFlash Playerのサポートを2020年12月31日で終了しており、

Microsoftも昨年 同社のドキュメント「Update on Adobe Flash Player End of Support」でAdobe Flash Playerのサポート終了を予告していました。

KB5003690では予告していたFlashのサポート終了が完全に実行され、WindowsからAdobe Flash Playerが強制的に削除されます。

Flashは脆弱性の悪用が度々問題視されており以前から削除が推奨されていましたが、今回のKB5003690で全ユーザーに「FlashのないWindows」がやってくることになります。

このリリースには、フラッシュ取り外しパッケージが含まれています。

この更新プログラムを実行すると、コンピューターから Adobe Flash が削除されます。

2021 年 6 月 21 日 — KB5003690 (OS ビルド 19041.1081、19042.1081、および 19043.1081) プレビュー




KB5003690で修正される問題

KB5003690ではいくつかの不具合修正がされています。

特に大きな修正は以下。

ゲームパフォーマンス低下不具合の対処

4月に配信されたセキュリティ更新プログラムKB5001330などにはゲームパフォーマンスを低下させる不具合が一部環境で報告されており、MicrosoftはKIRロールバックを使った修正を行っていましたが、KB5003690を適用することでこの不具合は確実に修正されるようです。

一部環境の5.1オーディオで高音のノイズが出る可能性がある問題に対処

オーディオのアイコン

Microsoftが5月に配信した累積アップデートKB5000842で発生していた、一部環境で高音のノイズが発生する不具合がKB5003690では修正されているようです。

その他の修正内容

  • "アプリ間の通信" ポリシーを有効にした後、アプリ間の通信がAppMgmt_COM_SearchForCLSIDします
  • 英語以外のロケールで使用されている場合に発生する MultiByteToWideChar() 関数のパフォーマンスの問題に対応
  • 複数のバージョンの National Language Support (NLS) の並べ替えを使用している場合に、並べ替えが正常に機能しない問題に対応
  • KB5000842以降をインストールした後、ゲームのパフォーマンスが予想よりも低いユーザーの小さなサブセットの問題を修正
  • 日本語入力方式エディター (IME) が入力中に突然動作を停止する問題を修正
  • 中国語と日本語の言語で IME を使用している間に候補ウィンドウが表示されない場合がある問題を修正
  • オフライン モードで 移行しようとWMIMigrationPlugin.dll エラーが返される原因となる問題を修正
  • 有効期限が切れた証明書で署名されたファイルを署名されていないファイルとして扱う Windows Defender Application Control (WDAC) ポリシーのオプションを指定できないSet-RuleOption PowerShell コマンドの問題を修正
  • AppLocker を使用して複数のWindowsを持つファイルを検証するときに、アプリケーションが動作を停止する原因となる問題を修正 エラー0x3B
  • トラステッド プラットフォーム モジュール (TPM) ファームウェアの更新後に BitLocker が回復モードになる可能性がある問題を修正。 これは"対話型ログオン: コンピューター アカウントのロックアウトしきい値" ポリシーが設定され、パスワードの試行が正しくない場合に発生します。
  • 多数の AppLocker または SmartLocker 成功Windows発生する原因となる問題を修正
  • Credential Guard と Remote Credential Guard が有効になっている場合のドメイン コントローラーの認証に関する問題を修正
  • ハイパーバイザーで保護されたコード整合性 (HVCI) が有効になっているときに、特定のスクリーン リーダー アプリが実行されるのを妨げる問題を修正
  • PIN を使用したサインインが失敗する問題を修正します。 「問題が発生し、PIN が使用できません。 もう一度 PIN を設定するには」 をクリックします。
  • セキュリティWindowsをサポートする特定のプロセッサのシステム管理モード保護 (ファームウェア保護バージョン 2.0) のサポートを追加
  • コントローラーの Windows ボタンを押すと、排他的仮想現実 (VR) アプリから抜け出し、Windows Mixed Reality Home に戻るという問題に対応。 この更新プログラムでは、ボタンを押すとWindowsが表示Windows スタート メニューされます。 アプリを閉スタート メニュー、排他的 VR アプリに戻されます。
  • エンドポイント データ損失防止 (DLP) 分類エンジンのMicrosoft 365データ分析の精度と効率が向上
  • リモート アクセス サーバー (RAS) サーバー上Exchange (IKE) VPN サービスに関する問題を修正。 ユーザーは定期的に、IKE プロトコルを使用してサーバーに VPN を接続できません。 この問題は、サーバーを再起動するか IKEEXT サービスを再起動した後、数時間または数日後に開始される可能性があります。 一部のユーザーは接続できます。他の多くのユーザーは、サービスが DoS Protection モードなので接続できません。このモードでは、着信接続の試行が制限されます。
  • 管理フレーム保護 (MFP) が有効になっている場合、4 ウェイ ハンドシェイクで無効なメッセージ整合性チェック (MIC) が原因で Wi-Fi 接続が失敗する問題を修正
  • ユーザーの自動登録証明書の更新後に VPN が失敗する可能性がある問題を修正。 ※エラー メッセージ「これ以上ファイルはありません」
  • ID プライバシーが選択されていないか無効になっている場合でも、外部 ID を "匿名" に置き換える Tunnel 拡張認証プロトコル (TEAP) に関する問題に対応
  • ユーザー データグラム プロトコル (UDP) が有効になっている間にリモート デスクトップ セッションが応答を停止する問題を修正
  • USB テストおよび 測定クラス のサポートを追加
  • 大規模な Active Directory サブAdamsync.exe 同期に影響を与える問題を修正
  • ライトウェイト ディレクトリ アクセス プロトコル (LDAP) バインド キャッシュが満たされ、LDAP クライアント ライブラリが参照を受け取った場合に発生するエラーに対応
  • 接続が閉じるときにシステムがバインド オブジェクトを削除するときに発生する、競争状態が原因で発生するリダイレクター停止エラーに対応
  • ユーザーが C ドライブでディスク クォータを設定または照会できる問題を修正
  • NT Virtual DOS Machine (NTVDM) で実行される 16 ビット アプリを開いた場合に動作が停止する問題を修正
  • コンパクト フォント形式バージョン2 (CFF2) のfontdrvhost.exeフォントがインストールされている場合に、この問題が発生し、動作が停止する問題を修正
  • フォントのフォールバック設定が理由でエンド ユーザー定義文字 (EUDC) が正しく印刷されない可能性がある問題を修正
  • 一部の表示構成について、タスク バーのニュースと関心Windowsテキストがぼやけて表示される問題を修正
  • タスク バーのコンテキスト メニューを使用して [ニュースと関心] をオフにした場合に発生する Windows タスク バーの検索ボックス グラフィックに関する問題を修正。 ※特にダーク モードを使用している場合に表示
  • システムの起動またはスリープ状態からの再開後に、指紋によるサインインが失敗する可能性がある問題を修正
  • 特定のオーディオ デバイスと Windows 設定を使用して 5.1 Dolby Digital オーディオを再生すると、特定のアプリで高音のノイズやキーキー音が発生する可能性がある問題に対応

以前の更新プログラムをインストール済みであれば、このパッケージに含まれる新しい修正プログラムのみがダウンロードされ、デバイスにインストールされます。




KB5003690の既知の問題

以下は以前から引き続き報告されている不具合です。

ふりがなの入力を自動的に許可するアプリでの動作不具合

Microsoft 日本語入力方式エディター (IME) を使用して、ふりがなの入力を自動的に許可するアプリに漢字を入力すると、正しいふりがなが得られない場合があり、ふりがなを手動で入力する必要がある

回避策

以前から「今後修正プログラムを配信予定」と公表していますが、結構長引いています。




参照

2021 年 6 月 21 日 — KB5003690 (OS ビルド 19041.1081、19042.1081、および 19043.1081) プレビュー

Windows10 May 2021 Update 21H1が配信開始

Microsoftが2021年5月、Windows10 21H1を配信開始しました。

半年に1度の大型更新で、いくつかの新機能と多数の不具合修正が含まれています。

配信内容とアップデート方法について、こちらの記事でまとめているのでぜひ。

Windows Updateの自動インストールを延期する方法

Windows Updateは、一時的にインストールを延期することが可能です。

これによって、不具合回避ができます。

設定手順は以下の記事をご参照ください。

人気記事

1

Apple Siliconへの各社アプリ対応状況まとめです。2021年6月現在、徐々にネイティブ対応完了のアプリが増えてきました。随時更新です。

2

Apple Watchって何ができるの?初代から5年間使用している私が、Apple Watchの機能と魅力をゆっくり解説してゆきます。

3

自分でWindows7からWindows10にアップグレードする方法を、徹底解説します!
2021年1月現在、今でもMedia Creation Toolを使えばWindows10への無料アップグレードは可能です!

4

デザインを刷新し多くの新機能が追加されています。10からのアップグレードが可能なのは嬉しいポイント。この記事では、Windows11の新機能と変更点について解説します。

-Windows Update
-

© 2021 サムライ コンピューター