Windows Update

【緊急】Windows印刷スプーラーのゼロデイ脆弱性「PrintNightmare」の修正プログラムKB5004945などが配信開始

Windows UpdateでKB5004945をインストールしている画面
至急インストール推奨です

緊急のアップデート

Microsoftが2021年7月6日(現地時間)、Windows印刷スプーラーのゼロデイ脆弱性を修正するプログラムKB5004945などを配信しました。

今回の脆弱性(CVE-2021-34527)は「PrintNightmare」とも呼ばれ、悪意あるユーザーがPrint Spoolerサービスを利用してリモートでコードを実行する恐れがあるものとなっています。

Microsoftは本脆弱性をすでに「悪用の事実確認済み」と公表しており、IPA(情報処理推進機構)も注意喚起をしています。

業務用・プライベート問わずどのパソコンにおいても至急のインストール推奨です。

CVE-2021-34527 について、Microsoft 社より 修正プログラムのリリースが発表されています。案内に従い対応を行ってください。

更新:Microsoft Windows 製品の Windows Print Spooler の脆弱性対策について(CVE-2021-34527) IPA 情報処理推進機構より

対象Windowsバージョンと該当プログラム

  • Windows10 21H1 (KB5004945)
  • Windows 10 20H2 (KB5004945)
  • Windows 10 2004 (KB5004945)
  • Windows10 1909 (KB5004946)
  • Windows10 1809 とServer 2019 (KB5004947)
  • Windows10 1803 (KB5004949)
  • Windows10 1507 (KB5004950)
  • Windows8.1 とServer 2012 (マンスリーロールアップKB5004954)
  • Windows7 SP1とServer 2008 R2 SP1 (マンスリーロールアップKB5004953)
  • Windows Server 2008 SP2 (マンスリーロールアップKB5004955)

更新方法

Windows UpdateもしくはMicrosoft Updateカタログから行えます。

更新には再起動が必要です

修正内容

印刷スプーラー脆弱性「PrintNightmare」の修正のみです。

Addresses a remote code execution exploit in the Windows Print Spooler service, known as “PrintNightmare”, as documented in CVE-2021-34527. After installing this and later Windows updates, users who are not administrators can only install signed print drivers to a print server. By default, administrators can install signed and unsigned printer drivers to a print server. The installed root certificates in the system’s Trusted Root Certification Authorities trusts signed drivers. Microsoft recommends that you immediately install this update on all supported Windows client and server operating system, starting with devices that currently host the print server role. 

July 6, 2021—KB5004945 (OS Builds 19041.1083, 19042.1083, and 19043.1083) Out-of-band

修正プログラムを適用すると、管理者以外のユーザーが未署名のドライバーを印刷サーバーにインストールできなくなります。

参照

July 6, 2021—KB5004945 (OS Builds 19041.1083, 19042.1083, and 19043.1083) Out-of-band

あわせて読みたい

これらの記事もぜひ。

Windows10 May 2021 Update 21H1が配信開始

Microsoftが2021年5月、Windows10 21H1を配信開始しました。

半年に1度の大型更新で、いくつかの新機能と多数の不具合修正が含まれています。

配信内容とアップデート方法について、こちらの記事でまとめているのでぜひ。




人気記事

1

Apple Siliconへの各社アプリ対応状況まとめです。2021年9月現在、徐々にネイティブ対応完了のアプリが増えてきました。随時更新です。

2

Apple Watchって何ができるの?初代から5年間使用している私が、Apple Watchの機能と魅力をゆっくり解説してゆきます。

3

自分でWindows7からWindows10にアップグレードする方法を、徹底解説します!
2021年1月現在、今でもMedia Creation Toolを使えばWindows10への無料アップグレードは可能です!

4

デザインを刷新し多くの新機能が追加されています。10からのアップグレードが可能なのは嬉しいポイント。この記事では、Windows11の新機能と変更点について解説します。

-Windows Update
-

© 2021 サムライ コンピューター