Microsoft

Windows11について総まとめ。新機能とシステム要件、アップグレード基準とMacの動作について

Windows11発表

Microsoftさまが、Windows11を世に放つ予告をとうとうしてしまいました。

Windows11のデスクトップ画面
壁紙が禍々しい

この記事では、Windows11の新機能とアップグレードについての情報をご紹介します。

随時更新です。

システム要件は厳しめですが、「なんだかんだ緩くなるのでは」というのが今のところの管理人の感想です。

2021年6月29日、Windows Insider ProgramでWindows11のプレビュービルドが配信開始されました🎉

Windows11 Insider Previewの画面

Windows11のリリース時期

「いつ使えるんだ」と気になる方が多いと思うので、はじめに予定リリース時期を。

MicrosoftのWindows11プレビューページによると正式リリースは2021年後半で、Windows11搭載PCの販売も年内に開始されるそうです。

Windows10からのアップグレードのロールアウトも今年後半から始まり、2022年内にかけて進む予定です。

Windows10から無料アップグレード可能

Windows10のロゴ

Windows11にはWindows10から無料でアップグレードが可能です。

Windows 11を標準搭載したモデルはもちろん、Windows 11 の提供が開始されたときに無料でアップグレードできる Windows 10 PC もございます。

Windows 11 登場 Microsoft公式ページより

ただし、アップグレード可能な条件が従来と比較して厳しめなので注意が必要です。

詳細は以下。

Windows11へのアップグレード可否をチェックできるツールが公開停止

Microsoftは2021年6月24日(現地時間)、現在のPCがWindows11にアップグレード可能かどうかチェックし結果を判定してくれるツール「PC正常性チェックアプリ」をリリースしましたが、

PC正常性チェックアプリ公開停止の画面
準備中になっている

2021年6月28日(現地時間)に「正確性が期待より低かった」として公開を停止しています。

We are temporarily removing the app so that our teams can address the feedback. We will get it back online in preparation for general availability this fall. In the meantime, you can visit our minimum system requirements page here to learn more.

Update on Windows 11 minimum system requirements PC Health Check App-

準備が整ったら再度公開すると思われますが、それまでは現在発表されているシステム最小要件から判断するしかなさそうです。




Windows11のシステム最小要件

Windows 11のシステム要件をWindows10と比較すると

全体的に変化が見られ、Windows11では必要とされるスペックが上がっています。

Windows11のシステム最小要件Windows10のシステム最小要件
プロセッサ1GHz以上で2コア以上の64BitプロセッサまたはSoC1GHz以上のプロセッサまたはSoC
RAM4GB1GB(32ビットOS)または2GB(64ビットOS)
ストレージ空き容量ストレージが64GB以上であること
※空き容量については記載なし
16GB(32ビットOS)または20GB(64ビットOS)
グラフィックスカードDirectX 12以上(WDDM2.0ドライバー)DirectX 9以上およびWDDM1.0ドライバー
ディスプレイ9インチ以上で 8ビットカラーのHD (720p) ディスプレイ800×600解像度
システム ファームウェアUEFI・セキュアブート必須レガシーBIOS
TPMバージョン2.0必要不要
インターネット接続Homeエディションの初期設定時に必須不要
参照Windows 11 のシステム要件、機能、デバイスの要件についてWindows 10 インストールのシステム要件

大きなポイントは以下で

  • 32ビットが使えなくなる
  • UEFI、セキュアブート対応が必要
  • TPM (Trusted Platform Module)2.0が必要
  • Windows11 Homeでは初期設定時にインターネット接続が必要

高い性能は求められませんが、条件を満たすのは比較的新しい世代のパソコンになります。

Windows11に対応しているCPU(追記あり)

Microsoftのドキュメントで、Windows11に正式対応しているCPUがまとめられています。

Intel CPU

第11世代Coreプロセッサのロゴ
第11世代Core i5のロゴ

Intel CPUは第8世代Core (Coffee Lake)以降かどうかがWindows11正式対応のラインとなっています。

今でもIntel 第2世代Core (Sandy Bridge)や第4世代Core (Haswell)、なかにはCore2 Duoを使用している猛者の方もいるとおもいますが

そのあたりのCPUはバッサリ切り捨てられます。

AMD CPU

AMD Ryzen2000以降かどうかが、Windows11正式対応のラインとなっています。

残念ながら、初代Ryzenは公式サポート対象外です。

Insider ProgramでCPU要件が緩和(2021年7月3日追記)

Intel 第7世代Coreプロセッサのロゴ画像

Microsoftは6月28日(現地時間)、ドキュメントを更新しWindows11 InsiderのCPU要件を緩和しています。

緩和内容

C緩和内容緩和前緩和後
Intel CPUCore 第8世代以降Core 第7世代以降 (Kaby Lake)
AMD CPURyzen Zen2000以降Ryzen 初代以降 (Zen)

 As we release to Windows Insiders and partner with our OEMs, we will test to identify devices running on Intel 7th generation and AMD Zen 1 that may meet our principles.

Update on Windows 11 minimum system requirements

様々なテストが行われているようです。

正式リリース時に要件が変わっている可能性は十分にありそうです。

セットアップ時にMicrosoftアカウントの作成が必須に

Microsoftアカウント作成画面

Windows10ではインターネット接続がなくてもセットアップでき、Microsoftアカウントの作成も任意でしたが、

The Vergeの記事によるとWindows11 Homeエディションでは初期セットアップ(初期設定)にインターネット接続とMicrosoftアカウントが必須となっているので注意が必要です。

Microsoft unveiled Windows 11 on Thursday, and its least expensive version Windows 11 Home will now require an internet connection at setup — and a Microsoft account. 

Windows 11 Home will require a Microsoft account and an internet connection at setup

Proエディションであればオフラインでセットアップ可能です。




SurfaceシリーズのWindows11対応

Surface Pro3の写真
Surface Pro3。Windows11は非対応

米PCWorldの記事「Microsoft won't allow many older Surface devices to upgrade to Windows 11」によると

これまでMicrosoftがリリースした25のSurfaceモデルのうちWindows11にアップグレード可能なものは13モデルで、Surface Proシリーズは多くがWindows11非対応です。

Windows11にアップグレード可能なSurfaceモデルは以下の通り。

Surface Bookシリーズ

  • Surface Book 2の第8世代Intel Core プロセッサを搭載したモデル
  • Surface Book 3

Surface Goシリーズ

  • Surface Go 2

Surface Laptopシリーズ

  • Surface Laptop 4 13.5インチ
  • Surface Laptop 4 15インチ
  • Surface Laptop 3 13.5インチ
  • Surface Laptop 3 15インチ
  • Surface Laptop 2
  • Surface Laptop Go

Surface Proシリーズ

  • Surface Pro 7+
  • Surface Pro 7
  • Surface Pro 6
  • Surface Pro X

やはり、プロセッサが第8世代Intel Core以降かAMD Ryzenを搭載しているかがラインとなっています。

上記リストから外れているSurfaceモデルでも将来的には

なんらかの方法でWindows11をインストールすることができるようになるのでは・・・と密かに期待しています。

新しいニュースを待ちたいところです。

MacのWindows11対応

MacBook でWindows11を動作させている画像
出典:AppleInsider

米Apple Insiderの記事「Intel Macs can't run Windows 11 without this workaround」によると、現行のIntel Macは全機種がWindows11非対応のようです。

Windows 11 requires a processor with TPM 2.0 support and a compatible motherboard to install, but this isn't fully available in Macs at present. But — there are workarounds.

Intel Macs can't run Windows 11 without this workaround

これはMacがWindows11のシステム要件であるTPM2.0をサポートしていないことが原因で、BootCampでWindows11を使用するにはAppleがTPM2.0に対応する必要があります。

※TPM2.0対応のプロセッサを搭載しているMacモデルはありますが、AppleのファームウェアがTPM2.0に対応していません。

現在AppleはMacのプロセッサをIntelから自社開発のApple Siliconに移行している最中で、わざわざIntel Macの価値を上げるようなことをするとはちょっと考えにくい・・・です。

ちなみに、TPM2.0に対応したMacは以下の通りで、Appleが対応をすればBootCampでWindows11を実行できます。

TPM2.0搭載のMac

  • MacBook 12インチ Retina 2017以降
  • MacBook Air 13インチ 2017以降
  • MacBook Pro 15インチ 2016以降
  • MacBook Pro 13インチ 2016以降
  • Mac mini 2018以降
  • iMac Pro
  • iMac Retina 4K 21.5インチ 2017以降
  • iMac Retina 5K 27インチ 2017以降
  • iMac 非Retina 21.5インチ 2017以降
  • Mac Pro 2019以降

上記モデルより古いMacは、Appleが対応してくれることを期待しないほうが良さそうです。

非公式の方法でMacにWindows11をインストールすることは可能

Apple Insiderの記事内で、TPM2.0の要件を回避してWindows11をBootcampでインストールする方法が解説されています。

詳細は以下記事の「How to install Windows 11 on Mac with a custom ISO file」部分をご参照ください。

Intel Macs can't run Windows 11 without this workaround

将来的にAppleかMicrosoftに対策される可能性はありますが、非公式のやり方でならMacにWindows11をインストールすることは可能なようです。

VMwareでWindows10から11にアップグレードしてみた

Vmware Fusionのロゴ
無償版です

試さずにはいられない。

私の使用しているMacBookで、VMwareを使ってWindows10から11にアップグレードできるか試してみました。

スペックは以下の通り。

モデルMacBook Pro Mid2018 15インチ
OSmacOS Big Sur 11.4
CPUCore i7 8850H 6コア12スレッド
メモリDDR4 16GB
グラフィックスAMD Radeon Pro 560X
ストレージ512GB SSD

Windows Insider Programには登録済みです。

Windows11にできました

アップグレード成功しました。

VMWareでいけたのでParallelsでも可能なはず。

2018年以降に発売されたIntel Macをお使いの方は、仮想マシンのWindows10は11にアップグレードできると期待して良さそうです。




Intel 第4世代CPUではWindows11にアップグレードできず

使っていないIntel 第4世代Core i3搭載PCをWindows10からWindows11にアップグレードできるか試してみました。

結果から先に書くと、インストール不可能でした。

Insider Programに登録してWindows Updateを確認したところWindows11が表示はされましたが、インストールの段階でエラーが表示されて進めません。

スペックは以下の通り

元OSWindows10 Pro 64Bit 21H1クリーンインストール
CPUCore i3 4170 (Haswell)
メモリDDR3 4GB
グラフィックスIntel HD 4400
ストレージ240GB SSD

このPCではWindows11を実行できません

Intel 第4世代Core i3のPCでWindows Updateを開いている画面
いけそうだと思いましたが
  • PCはTPM2.0をサポートしている必要があります
  • PCはセキュアブートをサポートしている必要があります
Intel 第4世代Core i3のPCでWindows 11インストールしようとして表示されたエラー画面

やはりTPMとセキュアブートでひっかかっています。

Windows11の新機能

デザインの刷新

Windows11ではシステム全体が全く新しいデザインとなっています。

ウィンドウの四隅が丸みを帯びるようになりました。

また、全体的にすりガラスのような透明感が目立つデザインになっています。

ロック画面

iPadに似たデザインになりました。

Windows11のロック画面

デスクトップ

デスクトップ画面は、スタートメニューとタスクバーアイコンが中央に移動しています。

Windows11のスタートメニューとスタートボタンの画面
中央寄りに変更

最初は戸惑いそうです。

システムアイコン

Windowsロゴをはじめとした、ほぼ全てのアイコンが新しくなります。

Windows11のシステムアイコンロゴ
Windows11のコントロールパネル画面
コントロールパネルのアイコンも変化

エクスプローラー

フォルダのアイコンとリボンのデザインが変わっています。

Windows11のエクスプローラー画面
エクスプローラーのアイコンが変更

Windows10のエクスプローラー画面はこちら。

「ファイル」「コンピューター」「表示」の項目があります。

フォルダを右クリックしたときの表示はこのような感じ。

Windows11 フォルダを右クリックした画面

クリック項目のサイズがやや大きくなり、よりクリックしやすくなっています。

  • 切り取り
  • コピー
  • 名前の変更
  • 削除

はアイコン化し最上部に固定され、すぐにアクセスできるようになりました。




スタートメニュー

タイルがなくなり、アイコンのみが並ぶようになりました。

Windows11のスタートメニュー

設定画面

Windows10と比較すると設定項目が独立しており、見やすくなっています。

Windows11の設定画面

システムサウンドも変更

Windows8.1と10では廃止された起動音が復活しました。

高速化

スピーチしていたおじさん(名前を失念)によると、Windows11では以下の動作が高速化しているそうです。

  • スリープ復帰
  • Windows Hello
  • Edgeブラウザー
  • それ以外のブラウザー

また、Ben AnonymousさんのYouTube動画ではWindows11はWindows10と比較して総合的なベンチマークスコアが向上していることが分かっています。

※彼は今回のイベント前に流出したWindows11 ISOイメージファイルを使ったと思われます。

TeamsのWindows統合が進む

Windows11のTeamsのロゴ
いつもと違うロゴです

Windows11ではMicrosoftのコミュニケーションアプリ「Teams」がシステムレベルで組み込まれ、タスクバーからすぐにチャット・通話を開始できるようになります。

Windows11でMicrosoft Teamsを起動している画面
Windows11でMicrosoft Teamsを起動している画面

着信があったときは画面右下から通知され、分かりやすいデザインとなっています。

Windows11のTeams着信画面

企業法人のテレワークツールとしてだけでなく、一般家庭でもTeamsを普及させるMicrosoftの狙いがありそうです。

スナップ機能が強化

Windows11のスナップ機能紹介画像

MicrosoftはWindows11の進化として「高い生産性」をアピールしており、Windows10ではじめて搭載されたウインドウスナップ(ウインドウ分割)を強化しています。

Windows11のウインドウ分割画面
使いこなせる自信がない

画面の4分割機能を試してみました。

Windows11でウインドウを4分割した画面
ノートPCだと窮屈です

従来よりもレイアウトのバリエーションが増え、より快適に複数のアプリを使えるようになっています。

画面の大きいデスクトップPCでは特に重宝しそうですが4分割するなら27インチ、せめて24インチはないと窮屈そうです。




ウィジェットが追加

Windows11ではウィジェットを使用して情報にすぐアクセスできるようになります。

Windows11のウィジェット画面

タスクバーのウィジェットボタンをクリックすると起動できます。

ベータ版では

  • 時刻
  • 天気
  • 株価
  • ニュース

などが表示されました。

Androidアプリが使えるように

Windows11ではストアアプリに「amazon appstore」が追加され、ここからAndroidアプリを入手・インストールできるようになります。

Intelの技術を使用しているようです。

Intel CPU限定?(調査後追記します)

イベントではWindows11上でTikTokを動作させている様子が公開されました。

Windows11でAmazon App Storeを起動している画面
Windows11でTiktokを起動している画面
Windows11でTikTokを起動している画面
JKがPCに興味を持つきっかけとなるか

これまではWindowsでAndroidアプリを使用するにはBlueStackなどのエミュレーターが必要でしたが、Windows11では不要になるかもしれません。

ストアアプリが刷新

ストアアプリが刷新され、Adobe Creative Cloudなどのアプリがダウンロード・インストールできるようになりました。

Windows11のストアアプリの画面

わざわざ専用サイトからインストーラーを入手しなくて済むので、初期セットアップが楽になりそうです。

Windows11で使えなくなる機能

注意アイコン

Windows11では、以下の機能が廃止され使用できなくなります。

先日サポート終了が正式に発表されたInternet Explorerは完全に抹消されます。

  • Cortanaの初回システム起動時の起動とタスクバーへのピン留め
  • デスクトップの壁紙はMicrosoft アカウントでサインインした場合、デバイス間の移動ができません。
  • Internet Explorer
  • 数式入力パネル
  • ニュースと関心事項(最近追加された機能なのに!!)
  • ロック画面の簡易ステータスと関連設定
  • ProエディションでのSモード利用(Home Editionのみに変更)
  • 「Skype今すぐ会議」がChatに置き換えられる
  • スタートメニューのアプリフォルダー
  • スタートメニューのライブタイル
  • タブレットモード
  • タスクバーからPeopleが削除
  • タイムライン機能
  • Wallet

また、次のアプリはWindows10からのアップグレードでは削除されませんがWindows11の新規インストールでは使えなくなります。

  • 3Dビューアー
  • Windows10向けのOneNote
  • ペイント3D
  • Skype

SkypeはTeamsに追いやられてしまいました。

Skypeのロゴ

Microsoft Storeから入手することは可能です。




Windows11固有の機能はさらに要件が厳しく

Windows11でのみ使える固有の機能を使用するには、さらに追加の要件がでてきます。

とはいえ、特に特殊なシステムやハードウェアは少なく、マイクだったりカメラだったり現在販売されているパソコンであればほとんど搭載されているようなものが多いです。

更新中

人気記事

1

Apple Siliconへの各社アプリ対応状況まとめです。2021年6月現在、徐々にネイティブ対応完了のアプリが増えてきました。随時更新です。

2

Apple Watchって何ができるの?初代から5年間使用している私が、Apple Watchの機能と魅力をゆっくり解説してゆきます。

3

自分でWindows7からWindows10にアップグレードする方法を、徹底解説します!
2021年1月現在、今でもMedia Creation Toolを使えばWindows10への無料アップグレードは可能です!

4

デザインを刷新し多くの新機能が追加されています。10からのアップグレードが可能なのは嬉しいポイント。この記事では、Windows11の新機能と変更点について解説します。

-Microsoft
-,

© 2021 サムライ コンピューター